レクサス「GS F」の5リッターV8を500馬力にファインチューン! トムスのコンプリートカー受注開始!

元レーサーの中嶋一貴氏がレクサスの高性能スポーツセダン「GS F」をプロデュースし、このたび、そのコンプリートカーの受注が始まりました。一体どんなモデルに仕上がっているのでしょうか。

大人のスポーツセダンをレーサーがプロデュース

 国内有数のレーシングチームで、高性能ハイパフォーマンスカーやエアロパーツ、サスペンションなどの開発をおこなうトムスは、レクサスの高性能スポーツセダン「GS F」のコンプリートカー「トムス GS F produced by Kazuki Nakajima」の受注を2022年2月18日に開始しました。

トムスが大人スポーティに仕上げた「トムス GS F produced by Kazuki Nakajima」
トムスが大人スポーティに仕上げた「トムス GS F produced by Kazuki Nakajima」

「ミニマルデザイン」をコンセプトとしたトムス GS Fは、元レーシングドライバーであり、GS Fを数台乗り継ぐ中嶋一貴氏がプロデュースしたモデルです。

 大人が優雅に乗れてスポーツ走行も楽しめるということをコンセプトとし、外観はフロント/サイド/リアにカーボン製ディフューザーを装着。地上高やアプローチアングルなどを工夫して、気兼ねなく日常使いできる仕様としました。

 控えめな見た目に反し、フロア下は極力フラットボトムとし性能面を確保。ブレーキパッドはブレーキ性能を向上させ、ダストを減少させる「トムスパフォーマー」を採用しています。

 さらに、ノーマルのように見えるマフラーも専用設計のステンレス4本出しマフラー「トムス・バレル」を採用し、パフォーマンスの向上と心地よいスポーツサウンドを実現しました。

 加えて、5リッターV型8気筒エンジンをファインチューニングし(オプション設定)、ノーマル仕様の477馬力から最高出力500馬力に向上させるなど、レーシングドライバーとしてのこだわりを詰め込んでいます。

 なお、GS Fの生産はすでに終了していることから、カスタムは中古車をベースに施されます。トムスの基準に達している個体をセレクトしてコンプリートカーに仕立てます。

 トムス GS F produced by Kazuki Nakajimaの価格(消費税込/予価)は832万7000円です。

レクサス・GS F のカタログ情報を見る

【画像】見た目は控えめでも中身がスゴイ! 500馬力にパワーアップした「トムス GS F」(10枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント