メッキがギラギラ! ド派手なトヨタ新型「ノアヴォク」登場! 超オフローダーな三菱「デリカ」などミニバンカスタムが激アツ

トヨタ新型「ノア/ヴォクシー」やホンダ新型「ステップワゴン」が登場するなど、2022年はミニバンが盛り上がっています。いまが旬のミニバンのカスタムカーが東京オートサロン2022に出展されましたが、どのようなモデルがあったのでしょうか。

メッキ加飾やローダウンでミニバンをカスタム!

 2022年1月7日にホンダが新型「ステップワゴン」を日本初公開するとともに、同月13日にトヨタが新型「ノア/ヴォクシー(ノアヴォク)」を発表・発売しました。

 ミニバンは多人数が乗車でき、室内空間が広いことにより子育てファミリーから支持されていますが、2022年はミドルサイズミニバンとして人気のステップワゴンとノアヴォクの新型モデルがそろって登場するなど盛り上がりを見せそうです。

煌めくフロントフェイスが特徴のトヨタ新型「ヴォクシー」(モデリスタ仕様)
煌めくフロントフェイスが特徴のトヨタ新型「ヴォクシー」(モデリスタ仕様)

 そのようななか、カスタムカーの祭典である東京オートサロン2022では、自動車メーカー自らがミニバンをカスタマイズしたモデルが公開されました。

 東京オートサロン2022で注目を集めたミニバンにはどのようなモデルがあるのでしょうか。

●トヨタ新型「ノア/ヴォクシー モデリスタ仕様」

 トヨタ車・レクサス車のアクセサリー類を手掛けるトヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、モデリスタブランドから新型ノアヴォクのカスタマイズパーツを発表し、東京オートサロン2022で実車を初公開しました。

 新型ノア(カスタム仕様)のモデリスタパーツは「Brand new Elegance」をコンセプトとし、フロントにはきらめきを際立たせたメッキ加飾のフロントグリルやフロントスポイラー、シグネチャーイルミブレードなどを装着。

 サイドはサイドスカートやメッキ加飾を施すとともに、リアにはイルミネーションが内蔵されたルーフスポイラー(イルミルーフスポイラー)やリアスカートを装着することで、先進的でプレミアムなスタイルを実現しました。

 新型ヴォクシー用のモデリスタパーツは「Sharp×VALOUR」をデザインコンセプトとし、さまざまな造形のメッキ加飾を取り入れることで、低重心かつ存在感のあるデザインを表現しています。

 フロントには、横一文字に伸びたLED加飾が特徴的なシグネチャーイルミグリルやフロントスポイラーなどを装着。

 サイドとリアは新型ノアと同様に、サイドスカート/イルミルーフスポイラー/リアスカート/メッキ加飾などを盛り込み、もともとインパクトのあるデザインとなった新型ヴォクシーをさらなる迫力顔に仕上げました。

●ホンダ新型「ステップワゴン e:HEV スパーダ コンセプト」

 ホンダは、新型「ステップワゴンスパーダ プレミアムライン」をベースにしたカスタムモデル「ステップワゴン e:HEV スパーダ コンセプト」を東京オートサロン2022で初公開しました。

 新型ステップワゴンは「エアー」と「スパーダ」というふたつのスタイルを用意しますが、カスタムのベースとして用いられたのは、スパーダのなかでも上級仕様にあたる「プレミアムライン」です。

 このグレードは、外観のメッキ加飾がプラチナメッキに変更されるほか、ヘッドライトに「アダプティブドライビングビーム」を装備。シート表皮にスエード調レザー×プライムスムース(合皮)を採用されました。

 そんな新型ステップワゴン スパーダ プレミアムラインのカスタム仕様は、カーボン柄のミラーカバーや、ルーフ部分は白と黒のグラデーションのラッピングを施し、15mmローダウンした車高調整式サスペンションとスポーティなアルミホイールを装着しています。

 比較的シンプルなアイテムを用いて、新型ステップワゴン スパーダが持つクリーンなイメージをキープしたまま、やりすぎないカスタムを施しているのが特徴です。

【画像】新型ノアヴォクカスタムはキラキラ顔がド迫力! アウトドアなデリカD:5がイカす!(60枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 馬鹿が大口開けてる様にしか見えない…