SA・PAに寄ったら満車…どうすればいい? 場内待機や路肩駐車は基本NG 救済措置はある?

高速道路のSA・PAで駐車場が満車の場合、空きが出るまで入口で待っていて良いのでしょうか。NEXCO中日本に取材しました。

「満」「混雑」「空」の電光掲示板も参考に

 高速道路のSA・PAで駐車場が満車だった場合、どうすれば良いのでしょうか。

SA・PAの駐車場が満車の時は…?
SA・PAの駐車場が満車の時は…?

 年末年始や行楽シーズンに高速道路を走っていると、電光掲示板に「この先渋滞○km」の表示が。そこで「渋滞にはまって身動きが取れなくなる前に」と、トイレ休憩や食事、買い物などをするために次のSAやPAに立ち寄った経験のある人も多いでしょう。

 しかし同じことを考える人も多く、渋滞の手前や渋滞区間のSA・PAは混雑していることが多々あります。

 駐車場が満車の場合、空きマスができるまで入口で待ったり、駐車場内をぐるぐる回ったりして良いのでしょうか。

 NEXCO中日本の広報担当者は次のように話します。

「立ち寄ったSA・PAの駐車場が満車だった場合は、入口や出口などで待機せず、次のSA・PAまで向かっていただくことをご案内しております。

 また、前もって混雑を把握していただけるよう本線に電光掲示板も設置しています。道路の先にあるSA・PAについて『満』『混雑』『空』でご案内しておりますので、参考にしていただければと思います」

 高速道路の本線がそうであるように、SA・PA内も原則は一方通行です。駐車場内で流れが交錯しないようにするとともに、本線へ逆走の形で出ないようにする目的もあります。

 そのため満車だった場合は、出入口の路肩に停車したり、駐車場内で待ったりせず、そのまま本線に戻り次のSA・PAまで走ることになります。

 しかしその一方で、“救済措置”が用意されているSA・PAもあります。

 中央道の双葉SA(下り)や名神高速の多賀SA(上り)のように、駐車場を通過しても入口方面へぐるりと戻れる周回路を設けている施設もあるのです。

 周回路は、SAを利用したあとに併設のスマートICから出られるようにするなど、整備目的は施設によってまちまちですが、敷地の広さやレイアウトにあわせて、そして必要に応じて整備しているそうです。

 また、駐車場の混雑緩和に向けて、NEXCO各社は、駐車マスを増やすために線を引き直したり、とくに数が不足しがちな大型車マスを増やしたりといった対策も進めています。

【画像】ぐるりと回って再挑戦可!「周回路」がある名神高速のSA(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント