まもなく米国で登場! 1000馬力のハイパー電気自動車「ハマーEV」は日本でも発売される?

2020年10月20日に米国で発表された新型「ハマー」。10年ぶりに復活したハマーは電気自動車(EV)となり、最高出力1000馬力を発生するというハイパーEVトラックとして生まれ変わっています。もうすぐ北米で登場するハマーEVとはどんなクルマなのか、あらためて紹介します。

0-96km/h加速なんと3秒というハイパーEV

 2020年10月20日、米ゼネラル・モーターズ(GM)は、GMCブランドから新型モデル「ハマーEV」を発表しました。およそ10年ぶりの復活となるハマーの新型モデルは、GMCブランドとしては初のEVになります。

「ハマーEV」のオフロード走行シーン
「ハマーEV」のオフロード走行シーン

 ハマーEVは、パフォーマンス違いによって4種類のモデルが計画されており、その第一弾が「ハマーEV Edition 1(エディション1)」です。その価格は11万2595ドル(約1180万円)からで、2021年4月に予約が開始されましたが、わずか数日で完売しました。

 当初、ハマーEVエディション1の発売は2021年秋とされていましたが、昨今の半導体不足などの理由により遅れているようです。それでもこの12月中、遅くとも2022年初頭には北米で登場するとの見込みです。

 ハマーEVエディション1は、驚くべき高性能を誇っています。3モーター仕様でトータル最高出力1000馬力・最大トルク1万1500lb-ft(約1万5590Nm)というスペックだといいます。

 これにより、0-60mph(0-約97km/h)加速が約3秒という、とんでもないパフォーマンスを発揮します。リアのふたつのモーターを使うトルクベクタリング機能も備わっているというから、オフロードだけでなくオンロードでも、驚くほどの速さと予想されます。

 ハマーEVエディション1は、アルティウムバッテリーを24モジュール搭載。推定での航続距離は329マイル(約530km)といわれています。

 350kWの直流急速充電機能があり、10分間で約100マイル(約160km)走行分の充電が可能となるといいます。また、ハンズオフ機能を備えた先進運転支援機能「スーパークルーズ」を搭載。ACC中のハンズオフと、自動での車線変更を可能としています。

 ハマーEVは荷室のあるボディと、「ハマーEV SUV」と呼ばれるタイプの2種類のボディがあります。またパワートレインは4タイプを用意。

 ハマーEVエディション1に続き、2022年には2番目のモデルとなる最高出力800馬力の「ハマーEV 3X」(9万9995ドル:約1050万円)が発売される予定です。

 さらに2023年には、2モーターで最高出力625馬力・航続距離300マイルの「ハマーEV 2X」(8万9995ドル:約945万円)、2024年に最高出力625馬力で航続距離250マイルの「ハマーEV 2」(7万9995ドル:約840万円)と続きます。最初にハイパフォーマンスでもっとも高価なモデルが登場し、1年ごとに廉価版が登場することになります。

【画像】今もなお日本で人気! 歴代ハマーと新型ハマーEVを見る(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. キャデラックブランドは日本でも正規販売してるのだから、
    来るとしたら
    同じアルティウムバッテリー積むEVなら
    キャデラック リリックの方が先でしょう。
    それでも生産供給が軌道に乗り
    日本のEV普及の兆しが見えてくる
    数年先にはなりそうですが、