なぜ日本の「自動車関連の税」は高い? 見直し求める声多し! 諸外国との差はどのくらい?

求めるのは引き下げではなく「適正な課税」

 JAFでは、日本の自動車ユーザーが重税を課されている根拠のひとつに、海外の例を挙げています。

 例えば、2000ccクラス・車重1.5t以下、JC08モードで20.1km/Lの燃費性能をもつ、車体価格240万円のクルマを13年間使用した場合、日本では65万円の税金が科されるとしています。

 一方、同条件で、イギリスは28万円、ドイツは13万円、フランスは4.5万円、そしてアメリカは2.1万円と、大きな差があるといいます。

 また、欧米では自家用乗用車に、自動車重量税のような税金を課している国はないとし、日本の自動車ユーザーへの課税が極めて重いことを指摘しています。

 このように、諸外国と比較するとたしかに日本の自動車ユーザーは負担を強いられているようにも思われます。

なぜ13年超の車が重課税対象?「納得できない!」という声も多い
なぜ13年超の車が重課税対象?「納得できない!」という声も多い

 ただ、例えばイギリスやフランスでは、日本の消費税にあたる付加価値税が、20%に設定されています。

 アメリカでは消費税や付加価値税というかたちではなく、また州によっても多少異なりますが、おおむね15%程度の税負担があるとされています。

 税収の規模や社会保障の充実度も異なるため単純には比較できませんが、日本では諸外国に比べて、自動車関連諸税が高いかもしれませんが、消費税は安いという側面があります。

 JAFは自動車ユーザーを代表するというその立場上、自動車関連諸税の負担軽減を要望していますが、当然のことながら、自動車ユーザーだからといって、自動車以外の商品をまったく購入しないわけではありません。

 JAFの要望通り、自動車関連諸税が廃止されて税負担が減った結果、自動車以外のものの税金が上がったり、社会保障が悪化したりしてしまっては元も子もありません。

 税負担が減ったほうがうれしいのはもちろんですが、目指すべきは適正かつ公平な課税であって、税金をとにかく安くすることではないということを念頭にした上で、税制の見直しを進めていくことが重要です。

※ ※ ※
 税金はすべての国民にかかわるものです。だからこそ、全員であるべき姿を考えていかなければなりません。

 単に引き下げを求めるばかりではなく、冷静な視点を持って議論を進めていきたいものです。

【画像】日本は13年超のクルマに厳しい! 海外に流出する国産スポーツカーたち(35枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 高いだけでは無く
    海外に比べ税制度の考え方自体が古く時代錯誤で適正さに欠いてるという事が大問題。
    まずもってして今や一家に一台は当たり前にもなって
    車は高級であり嗜好品として高額税をかけても庶民から不平でないだろという
    昭和からの古い見地を改め
    抜本的改正の必要に迫られていると国は認識して変えないとダメで、
    不景気が後押ししてより税金の安い軽自動車へ日本だけ売れ筋が変わり海外と落差が生じてしまい
    国際競争力から日本車が落ちて来てる原因の一端でもあろう。
    既に国策として敗退してる訳であり
    重量や排気量で区分するのは
    バッテリーで重くなる一方で内燃機関では無くなる電動車に合わないし、
    買換え需要喚起ばかりの限定的な軽減税制度は使い捨て社会時代の悪癖
    旧車増税は長く大事に乗り続ける事こそ資源有効的であり時代に逆行した考えで、
    貴重な旧車の海外流出をも招いてる、
    カーボンニュートラルの代替燃料使用などの制約を付けるなどしていき
    むしろ税金は下げていくべきだろう。
    税制自体が海外に比べカーボンニュートラルの遅れをとっている要因と自覚せなあかん
    カーボンニュートラルの実現の為にも早急かつ抜本的な税制改革が必要不可欠であーる。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー