最大80万円引き! 日本政府がEV推進に重い腰を上げた!? 21年度の補正予算案を閣議決定

2021年11月26日、日本政府が閣議決定した2021年度の補正予算案のなかに、経済産業省から提出された「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」に関するものも含まれており、補助額の上限がさらに引き上げられることが明らかになりました。

EVは最大80万円、FCVは最大250万円の補助へ

 2021年11月26日、日本政府が閣議決定した2021年度の補正予算案のなかに、経済産業省から提出された「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」に関するものも含まれており、補助額の上限がさらに引き上げられることが明らかになりました。

日本政府がEV推進に本腰を入れた!? 2021年度の補正予算案を閣議決定!
日本政府がEV推進に本腰を入れた!? 2021年度の補正予算案を閣議決定!

「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」の予算規模は375億円と、全体から見れば大きな金額ではありません。

しかし、現在電気自動車(EV)やプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)、そして燃料電池車(FCV)といった次世代エネルギー車の購入を検討しているユーザーには大きな影響があるニュースです。

 今回閣議決定された内容を見ると、次世代エネルギー車を購入する際の補助金の上限が引き上げられ、EVで最大60万円、PHEVで最大40万円、FCVで最大225万円となっています。

 また、「車載コンセント(1500W/AC100V)から電力を取り出せる給電機能がある車両」または「外部給電器やV2H 充放電設備を経由して電力を取り出すことができる車両」については、さらに補助金が増額され、EVで最大80万円、PHEVで最大50万円、FCVで最大250万円の補助が受けられることになります。

 また、対象となるのは2021年11月26日以降に新規登録されたクルマです。

 正式には2021年12月6日に開催される予定の臨時国会で、この補正予算案が承認される必要がありますが、否決される可能性は低いといえ、現時点で事実上の決定ととらえても差し支えないでしょう。

 経済産業省は「2030年までに新車販売に占める次世代自動車の割合を5割から7割とする目標の実現に向け、クリーンエネルギー自動車の普及を促進します」と述べています。

【画像】日産がEVオープンカーを世界初公開! SUVや多目的車などもお披露目! (34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 政府もメディアも
    なにかはき違えてると思うんだ、
    本当にBEVを普及させたいんなら
    車への補助金よりもインフラ(家庭用充電設備設置など)への補助金を
    もっと手厚くするべきだし、
    そちらを訴え取り上げていくべきではなかろうか?
    くるまの補助金ばかりに目先を誘導してるのだとすれば
    それは本気で普及するつもりでの方策にあらず、
    一時しのぎの策として環境問題のスケープゴートとして強調されてるように禁じ得ない。

  2. ミライとかFCVが補助金で安く買えたところで、
    近隣の水素ステーションは平日日中しか営業してないんで通勤帰りには給水出来ない
    なので購入対象になり得ず使い物にならない。
    BEVに関しても似たようなもの、
    急速充電設備やってる所探し走りまわるだけムダだし、
    マンション住まいでは普通充電器設置のハードルも高すぎ、
    所詮こんな補助金制度なんて、
    高所得者やひまじんの道楽での購入に補助金ばら撒いてるだけにしか見えん。