スズキ新型コンパクトSUV「S-CROSS」世界初公開! ギラ顔採用で新旧の違いは? 22年後半にHVも欧州に導入

スズキはコンパクトSUVとなる新型「S-CROSS」を2021年11月25日に世界初公開しました。先代のタフ顔から新型のギラ顔に変わりましたが、細かな部分では何が違うのでしょうか。

コンパクトSUVとなるスズキ新型「SX4 S-CROSS」世界初公開!

 2021年11月25日、スズキは「SX4 S-CROSS」を全面改良した新型SUV「S-CROSS(エスクロス)」を世界初公開しました。
 
 生産は、ハンガリー子会社のマジャールスズキ社にておこない、2021年末より欧州での販売を皮切りに中南米、大洋州、アジアへも輸出する予定です。
 
 では、SX4 S-CROSS(先代Sクロス)とS-CROSS(新型Sクロス)では、どのような違いがあるのでしょうか。

これは日本でも売れそうな予感! 世界初公開したスズキ新型SUV「Sクロス」
これは日本でも売れそうな予感! 世界初公開したスズキ新型SUV「Sクロス」

 先代Sクロスは、2013年3月に開催された「ジュネーブモーターショー2013」でて、スズキ初のCセグメントクロスオーバー車として市販モデルが世界初公開されました。
 
 その後、グローバル市場では2013年の発売以来、乗用車とSUVを融合させたクロスオーバー車として、欧州を中心に好評を得てきました。

 日本では、2015年2月19日に前述のマジャールスズキ社で生産し、日本に輸入して発売する自社ブランドの輸入車として発売。

 2015年に発売された先代Sクロスのエクステリアは、堂々としたダイナミックなフロントデザインや精悍なデザインのディスチャージヘッドランプやLEDポジションランプ採用することで存在感のあるデザインを実現しました。

 また、SUVらしさを演出するフェンダーアーチモール及びフロント/サイド/リアのシルバーアンダーガーニッシュに加えて、切削加工とブラック塗装を施した17インチアルミホイールを装着することで、アクティブな走りを予感させるデザインにも仕上がっています。

 ボディサイズ(日本仕様)は、全長4300mm×全幅1790mm×全高1600mm、ホイールベース2600mmです。

 2017年6月15日には、一部改良によってヘッドランプ、フロントバンパー、縦基調のフロントグリル、フロントボンネットフードの意匠を変更した力強いフロントデザインになったことでより存在感が増しました。

 インテリアは、エアコンルーバーガーニッシュにサテンメッキ加飾を、インパネセンターガーニッシュにピアノブラック塗装を施した上質な空間に仕上げています。

 一方の新型Sクロスは、フロントに大型グリルや特徴的な3灯式LEDポジションランプを採用するとともにボンネットを高く配置することで、SUVらしいスタイリングを実現しました。

 タイヤハウスにはスクエア形状のモールディングを施し、屈強さを表現するほか、ボディーサイドは流れるようなショルダーラインを引き、強く且つ滑らかに走る力を表現しています。

 リアもフロントと同様にランプとバンパー位置を高く配置し躍動感を表現するなど、どの角度から見ても堂々としたSUVの風貌を感じさせるエクステリアに仕上げました。

 新型Sクロスのボディサイズ(欧州仕様車)は、全長4300mm×全幅1785mm×全高1585mm、ホイールベース2600mmとなり、先代Sクロスと大きく変わりません。

 インテリアは、力強いSUVに合う立体的な造形とし、中央に多機能な9インチの大型HDディスプレイオーディオを採用しました。

 スマートフォン連携や車両情報やカメラ映像表示といった運転支援機能を備えているほか、内外装ともにドライバーに自信と安心感を持たせるようなスタイリングを実現しています。

【画像】新型SUV「Sクロス」日本でもバカ売れの予感!? ギラ顔仕様のデザインがカッコイイ!(20枚)

クルマはネットで買う時代!? トヨタのオンラインストアとは【PR】

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント