世界初公開されたスズキ新型「アルト」何が変わった? 癒やし顔にイメチェン! マイルドHV搭載で電動化加速へ

日本を代表する軽自動車といっても過言ではないスズキ「アルト」。2021年11月25日に新型アルトに関する特設サイトが公開されました。現行アルトとはどのような違いがあるのでしょうか。

日本を代表する軽自動車「アルト」がフルモデルチェンジ?

 2021年11月25日にスズキは、新型「アルト」の特設サイトを公開するとともに、内外装デザインや特徴的な機能を先行してお披露目しました。
 
 まもなく登場が予定されている新型アルトは、現行アルトと比べて何が変わったのでしょうか。

あれ? スズキ新型「アルト」は癒やし顔になった? 憎めないフェイスが素敵なアルトが現行モデルと何が違うのでしょうか?
あれ? スズキ新型「アルト」は癒やし顔になった? 憎めないフェイスが素敵なアルトが現行モデルと何が違うのでしょうか?

 初代アルトは、1979年5月に運転のしやすさ、使い勝手のよさ、経済性の高さ、手の届く価格などの要素を盛り込んで発売され、とく女性を中心にヒット商品となり軽自動車の新しい市場を切り拓きました。

 その後も時代にあわせた機能や性能を進化させ、40年以上にわたり多くのユーザーに支持されており、2016年12月12日には国内累計販売台数500万台を達成しています。

 現行アルトのエクステリアは、質感とプロポーションにこだわり、エッジの立った角ばりを強調しつつどこか愛らしいデザインを採用。

 インテリアは、面を主張したフラットなデザインと機能性を両立させシンプルでスタイリッシュなデザインを採用するとともに、ロングホイールベース化によりクラストップの室内長のゆとりある室内空間も実現しました。

 また、安全面では「レーダーブレーキサポート[衝突被害軽減ブレーキ]」をはじめとする先進の安全技術を搭載しています。

 一方で、今回お披露目された新型アルトは、現行アルトの角ばり感が軽減され、曲線が強調されました。

 また、現行アルトで特徴的だったフロントフェイスの縦4本スリットが廃止された代わりに中央に台形グリルを採用。

 ライト類では、目力(めぢから)を感じさせるヘッドライトが角ばったものから丸みをおびたデザインに変更されたほか、現行アルトではリアバンパーにテールライトが配置されていましたが、新型アルトではリアの中央左右部に移動され、後続車からも見えやすくなりました。

 インテリアは、現行アルトよりもポップな印象が強まり、メーターフードやダッシュボードにカラフルなソフトパッドらしきものが採用されるようです。

 また、全高が現行アルトの1475mmから、新型アルトでは1525mmに拡大。室内高も1215mmから1260mmに変化し、余裕のある空間を実現しました。

 このように、大きく変わった新型アルトに対して、SNSでは「可愛くなった」「普通に良い感じ」という声や、派生車となる「アルトラパン」や「アルトワークス」がどのような形で登場するのかを気にする声も見受けられました。

【画像】これは売れるぞ!? 癒やし系になった新型「アルト」の内外装をすべて見る!(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 初代マーチに似てるので、今の初代マーチの相場価格なら購入検討します(っ.❛ ᴗ ❛.)っ