三菱 新型SUV「エクリプスクロスPHEV」が2年目で早くも進化! モデル初「マイパイロット」搭載して発売

三菱は、クロスオーバーSUV「エクリプスクロス」の一部改良を発表し、2021年11月25日に販売を開始しました。具体的にはどの部分が変わったのでしょうか。

三菱「エクリプスクロス」がマイナーチェンジ!どこが変わった?

 三菱は、クロスオーバーSUV「エクリプスクロス」の一部改良を発表し、2021年11月25日に販売を開始しました。

登場から2年目で早くも進化を遂げた三菱「エクリプスクロスPHEV」
登場から2年目で早くも進化を遂げた三菱「エクリプスクロスPHEV」

 エクリプスクロスは、洗練されたフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合したSUVで、2020年12月4日には三菱の2車種目となるPHEVモデル(「エクリプスクロスPHEV」)が追加されました。

 今回の改良では、PHEVモデルに高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」が新たに採用されました。

 この機能は、車両側がアクセル、ブレーキ、ステアリング操作をすることで、高速道路での渋滞走行や、中時間の巡航走行においてドライバーの負担を軽減します。

 またPHEVモデルとガソリンモデルに搭載されている運転支援機能「三菱e-Assist」がさらに充実。

 従来では、グレード「P」のみに標準装備だった「後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)」、「後退時車両検知警報システム」がグレード「G」にも標準装備されました。

 パワーユニットは、PHEVモデルは2.4リッターの直列4気筒エンジンにツインモーター4WDを組み合わせたPHEVシステム、ガソリンモデルには、1.5リッター直列4気筒ターボエンジンが搭載されています。

 さらに、今回ガソリンモデルには特別仕様車「G Limited Edition」も登場。

 外観は18インチホイールを採用しスタイリッシュに、室内空間はシート素材に上級ファブリックが用いられたことにより、上質感が高まっています。

 機能面では、高速道路での運転支援機能である「レーダークルーズコントロールシステム」や、ブレーキオートホールド機能をもつ「電動パーキングブレーキ」が装着され、機能装備が充実しています。

 価格(消費税込、以下同様)は、PHEVモデルが384万円8900円から451万円、ガソリンモデルが、253万1100円から334万6200円です。

 特別仕様車「G Limited Edition」は、2WDが275万7700円、4WDが297万7700円に設定されます。

三菱・エクリプスクロス のカタログ情報を見る

【画像】モデル初!「マイパイロット」が搭載された新型SUV 三菱「エクリプスクロス」をもっと見る!(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント