レクサス「ESワゴン」パトカーがリアル過ぎる!? クラウン&マークXの代りになる? レンダリング画像がスゴかった!

レクサスの現行モデルにはステーションワゴンのラインナップは存在しせんが、SNSではステーションワゴン化した「ES」(パトカー仕様)が話題となっているようです。

本当にあったらスゴい! ESがステーションワゴン化&パトカーに大変身!

 レクサスブランド創設時からラインナップされている「ES」は、フラッグシップの「LS」とともにレクサス製セダンを代表するモデルです。
 
 そうしたなかで、ESをステーションワゴン化するとともに、日本のパトカー仕様に仕立てたレンダリング画像がSNSで話題となっています。

こんなパトカーがあったらスゴい! レクサス「ES」をステーションワゴン&パトカー仕様に仕立てたモデル(Photo:Sugar・Chow)
こんなパトカーがあったらスゴい! レクサス「ES」をステーションワゴン&パトカー仕様に仕立てたモデル(Photo:Sugar・Chow)

 現行モデルのESは、2018年4月にワールドプレミアされ、日本では同年10月に発売されました。

 世界初のデジタルアウターミラーを設定するなど大いに話題となったESですが、スタイリングでも低重心なGA-Kプラットフォームを活かし、走りを予感させるワイド&ローのプロポーションを実現。

 さらに、フロントピラーの後方配置やリアピラーの傾斜で、引き締まったキャビンシルエットにしているほか、クラストップレベルの空力性能を目指したボディ形状となっています。

 このようなデザインの特徴を持つESですが、インスタグラムでは前述のようにセダンのESをステーションワゴン化したレンダリング画像が投稿されています。

 投稿しているのは中国・杭州に住むカーデザイナーのSugar・Chow氏です。

 Sugar・Chow氏は、さまざまなモデルをカスタムしたレンダリングを得意としており、レクサスやトヨタ「スープラ」、ホンダ「シビック」など日本でも馴染みのあるモデルも存在。

 今回のESワゴン(パトカー仕様)では、スポーティグレード「F SPORT」をベースにしており、ボディ全体では日本のパトカーのように白×黒のボディカラーを採用しています。

 また、サイドやリアに「POLICE」、サイドに「警視庁」、ルーフに「南2」と描かれ、本物のパトカーのような外観です。

 フロントでは、F SPORT専用のメッシュグリルに赤灯を左右に装着し、ルーフ部分にはパトランプ台に「警視庁」と描かれているほか、横長なパトランプ、ルーフ後端の左右にも小型のパトランプが装着され存在感を示しています。

 ESワゴン(パトカー仕様)について、Sugar・Chow氏は「警視庁のレクサスESエステートワゴン。日本ではクラウンやマークXの代わりになるのか?」とコメントしています。

※ ※ ※

 現実世界では、レクサスのパトカーとして栃木県警に寄贈された「LC」が存在します。

 しかし、今回のESはレクサスラインナップに存在しないステーション化されたモデルということもあり、パトカー仕様のデザインを含めて異色な存在といえるかもしれません。

【THANKS Photo】
https://www.instagram.com/sugardesign_1/?hl=ja

【画像】これがESワゴン!? さらにLC・GT-R・NSXなど最強パトカーを見る!(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. カムリより幅でかくて
    日本の道路じゃ取り回し悪いから
    クラウンやマークXの代わりは無理

    ISかカムリかカローラにしとけ

  2. ESは2018年からレクサスに投入された車両なのでは?
    ブランド創設時にはない気が、、

  3. 加工ですよね。警視庁管理のパトカーは必ず警視庁文字とPOLICE文字、エンブレムが表示されるとですよ。

    もし、購入されるとしても、都議やら都民やらがNISMOフェアパト買いますって言ったときのようにバッシングが起きると思う