超ワイルドなホンダ「パスポート」が激アツ! どこでもキャンプできる「オーバーランド」カスタムに注目

北米ホンダは、キャンプをしながら旅をする「オーバーランド」に適したカスタムを施したモデルをSEMAショー2021に出展しました。

SUVやピックアップだけじゃなく、バイクでもオーバーランド!?

 ホンダの北米法人は、2021年11月2日(現地時間)からラスベガスで開催されたSEMAショー2021で、オーバーランドに適したモデルを公開しました。

 オーバーランドとは、キャンプや車中泊をしながら長距離旅をおこなうスタイルを指し、近年北米などでブームとなっています。

オフロードカスタムのパスポートをさらにオーバーランド仕様に!
オフロードカスタムのパスポートをさらにオーバーランド仕様に!

 今回ホンダが提案するモデルは、「パスポート トレイルスポーツ ラギッドロードプロジェクト2.0」です。

「パスポート」はホンダが北米で販売するSUVで、日本でもラインナップされる「CR-V」よりもひとまわり大きいボディを持っています。

 北米ホンダはパスポートのオフロード仕様として「パスポート レオレイルスポーツ」を2021年9月に発表していますが、SEMAショーで公開されるのは、このオフロード仕様をさらにカスタムしたモデルです。

 純正アクセサリーとして、ルーフクロスバーやフェンダーフレアや特別設計のスキッドプレート、リカバリーポイント(けん引フック)を搭載。

 18インチのブラックホイールが装備されたほか、ファイアストン製デスティネーションA/T 2オールテレーンタイヤを装着し、さらにJsportサスペンションリフトキットによって最低地上高が上がり、悪路走破性も向上しました。

 オーバーランドという点においては、ルーフネスト社製ルーフトップテント「スパローXL」を装備し、キャンプやクルマの上で寝泊まりすることも可能です。

 さらにホンダは、ピックアップトラック「リッジライン」をベースとした「リッジラインHPDトレイルツアープロジェクト」を展示。

 独自のグリルデザインやブラックフェンダーフレア、アグレッシブなブロンズカラーのホイールなどを含む、HPDのオプションパッケージ装着車(2021年モデル)をベースにカスタムしました。

 Thule製のベッドとルーフトップのアクセサリー、オーニング、Jsport製のカスタム・スペアタイヤ・キャリアに加え、車両後部にはバイクを積載できるラックを装備しています。

 また、ホンダR&Dのエンジニアがカスタム設計および製作したフロントリカバリーポイントやステンレス製のアンダーボディスキッドプレート、Jsport製サスペンションリフトキット、ファイアストン製デスティネーションA/T 2オールテレーンタイヤなどを備え、オフロード性能も高めました。

※ ※ ※

 ホンダは、四輪車のみならず二輪車でもオーバーランドを可能とする特別なモデルも制作しています。

 新色「ダークネスブラックメタリック」で仕上げられた「アフリカツイン オーバーランド」は、クラッシュバーやエンジンガード、スキッドプレート、フロント補助ライトを装着。

 荷物を収納できるケースはもちろん、ナビゲーションや衛星通信機なども備えており、2021年モデルの「アフリカツイン アドベンチャースポーツ ES DCT」を究極のオーバーランドバイクに変身させました。

【画像】オフロードカスタムのホンダSUVがワイルドすぎる! キャンプ可能な究極のバイクも登場!?(29枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント