トヨタ「ハイエース」でラリー参戦!? 初の未舗装ラリーで感じたハイエースの底力とは

トヨタ200系「ハイエース」で2021年度の全日本ラリーにスポット参戦しているモータージャーナリスト国沢光宏氏。2021年10月24日に北海道・蘭越町で開催された「ARKスプリント300」は、初のグラベル(未舗装路)ラリー挑戦になりました。いったいどんな結果になったのでしょうか。

理由は「楽しそうだから!」ハイエースでラリー参戦

 よく「なぜハイエースでラリーなのか?」と聞かれます。答えは簡単。「楽しそうだから」です。

SSを攻める国沢光宏選手の「CAST RACING マルトクハイエース」
SSを攻める国沢光宏選手の「CAST RACING マルトクハイエース」

 誰もやっていないことをすると、想像と違うことがたくさん出てくる。新しいチャレンジって、すべて好奇心から出てくるんだと思う。そして私らメディアにとって重要な、皆さんが興味を持ってくれるという副次的な「面白さ」もあります。

 私が熊にやっつけられたら当たり前の話。けれど私が熊をやっつけたら面白い話になります。

 ハイエースでのラリーも同じ。「平気なんですか?」という人も、走行動画を見てもらった途端「これは凄い!」と賛同してくれる。ということで今回出場したのは、ハイエースにとって初めてのグラベル(未舗装路)ラリー。

 車高を下げて重心を低くしたセッティングで走る舗装路のラリーですら「コケるんじゃないの?」といわれるハイエースながら、今回砂利道を走るため車高を上げている。加えて平坦な舗装路と違い、砂利道は深いわだちがあるなど、リスク大きそう。

 しかも荷物積んでいないハイエース、後輪荷重極めて少ない。「簡単に滑る」ということ。

 実際、シーズン前の試作車で砂利道を走ったらテールの流れの早さに面食らい、ステアリングギアレシオがスポーツモデルより低いため(いわゆるロックtoロックが大きい)、適切なカウンターステアもできず内側の土手に突っ込み「しくしく」になってしまった。「コケないか?」や「スピンしないか?」で最初から不安いっぱいです。

 ここまで読んだ読者なら「だったらやらなきゃいいのに」と思うだろう。ムササビの服着て空を飛んでいる人も、飛ぶ瞬間は「なんでこんなことしてるんだ?」と考えているハズ。でもやっぱり、不安より好奇心が勝ってしまうのでした。

 ということで迎えたラリー当日。場所は北海道の蘭越町。美しい羊蹄山やニセコを望む素晴らしい場所だ。

【画像】世界でこれしか存在しない!? トヨタ「ハイエース」のラリー仕様を画像でチェック(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント