7年ぶり刷新のレクサス新型SUV「NX」はPHEV搭載で超進化! 309馬力の快速4WDがスゴかった

レクサスが2021年11月以降に発売を予定している新型「NX」。レクサス初のPHEVモデルとして「NX450h+」も設定されるといいますが、どんなスペックや機能を備えているのでしょうか。

システム最高出力は309馬力を達成

 レクサスは同社のミドルサイズSUV「NX」を全面刷新し、2021年10月7日に発表しました。発売は2021年11月以降を予定しています。

 7年ぶりに全面刷新して登場する新型NXには、レクサス車として初となるPHEVモデル「NX450h+」が設定されるといいますが、どんな特徴があるのでしょうか。

2021年10月7日に発表されたレクサス新型「NX」(写真はガソリン仕様)
2021年10月7日に発表されたレクサス新型「NX」(写真はガソリン仕様)

 新型NXは、TNGAプラットフォームとして改良したGA-Kプラットフォームを採用。

 GA-Kプラットフォームは、トヨタのSUVでは「RAV4」や「ハリアー」にも採用されるプラットフォームで、新型NXへの採用にあたっては軽量で高剛性、低重心化したパッケージとしています。

 また、新型NX450h+にレクサス車として初搭載されるPHEVシステムは、高効率な2.5リッター直列4気筒エンジンにフロント・リアで1基ずつのモーター、18.1kWhのリチウムイオンバッテリーが組み合わされます。

 EV走行距離は88km(WLTCモード、以下同様)で、満充電までの時間は200V/16Aで約5時間半、100V/6Aで約27時間です。急速充電には非対応となっています。

 また、システム最高出力309馬力というパワフルぶりも特徴。駆動方式は全車4WDで、フロント・リアのモーターの前後駆動力を100:0から20:80の間でコントロールでき、安定感溢れる走りを実現します。

 さらに、新型NX450h+ならではの機能として、レクサス初採用の「先読みエコドライブ(先読みEV/HVモード切りかえ制御)」を採用。

「AUTO EV/HVモード」の際にナビで目的地を設定することで、駆動用電池の残量や、道路の属性・特性に応じて自動的にEV走行とHV走行を自動で切り替え、エネルギー効率の良い走りを実現するということです。

 ちなみに、SUVタイプのPHEVとしては、トヨタブランドから2021年6月8日に「RAV4」をベースにした「RAV4 PHV」が発売されています。

 リチウムイオンバッテリーの容量は18.1kWhで満充電までの時間は200V/16Aで約5時間半、100V/6Aで約27時間という設定など、諸元のなかには一部同スペックの部分も存在。

 しかし、RAV4 PHVのシステム最高出力は306馬力、EV走行距離は95kmと、新型NX450h+の諸元と異なる部分もあるほか、前述の「先読みエコドライブ」をはじめ、PHEVとしてより利便性の高いクルマとなっているのが新型NX450h+の特徴といえるでしょう。

 それではここでクイズです。

 2020年6月のRAV4 PHV登場より前、国産メーカーでSUVタイプのPHEVは1車種しかラインナップされていませんでした。そのクルマは、次の選択肢のなかでいったいどれでしょうか。

【1】三菱「アウトランダー」

【2】マツダ「CX-5」

【3】トヨタ「ランドクルーザープラド」

【4】日産「エクストレイル」

※ ※ ※

 正解は【1】の三菱「アウトランダー」(以下、アウトランダーPHEV)です。

 2013年1月24日、世界初となるSUVタイプのPHEVとしてアウトランダーPHEVが発売されました。

 2021年10月現在、国内SUV市場でラインナップされている日系メーカーのPHEVは、登場順にアウトランダーPHEV、RAV4 PHV、三菱「エクリプスクロスPHEV」(2020年12月4日発売)、新型NX450h+の4車種です。

 なお、アウトランダーPHEVは2021年冬にフルモデルチェンジを控えています。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

●くるまマイスター検定 公式ウェブサイト

レクサス・NX のカタログ情報を見る

【画像】レクサスSUVが全面刷新! 新型「NX」はどんな内外装デザインで登場? 実車を画像で見る(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント