マツダが新型SUV「CX-50」「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」を22年以降発表! 直6&PHEVも導入へ

2021年10月7日に、マツダは2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を発表しました。「CX-50」「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」など5車種を順次導入していきます。

マツダ新商品群を一気に発表! 電動化はどうなる?

 マツダは2021年10月7日に、2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を発表しました。
 
 米国新工場で生産する「CX-50」や、ラージ商品群の「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」を2022年から翌年にかけて新たに導入します。

2022年から「CX-50」「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」を相次いで導入へ
2022年から「CX-50」「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」を相次いで導入へ

 グローバルに成長を続けるSUVセグメントにおいて、最新の環境性能と「走る歓び」を両立させた多様な選択肢をユーザーに提供。

 またこれらの商品ラインナップの拡充は、ビルディングブロック戦略に基づいて積み上げてきたSKYACTIV技術や一括企画、フレキシブル生産などの開発、生産の技術資産を最大限に活用することで、低投資かつ効率的に実現し、中長期におけるビジネスの安定的な成長を図ります。

 CX-50は、SUVらしい存在感やオフロード性能が求められる米国に、新たなラインナップの中核として導入するクロスオーバーSUVです。

「マツダ3」や「CX-30」などと同じスモール商品群に属し、米国アラバマ州ハンツビル(Huntsville)市に建設したトヨタとの合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.」(MTMUS)で2022年1月から生産を開始する予定です。

 ラージ商品群のCX-60、CX-70、CX-80、CX-90は、既存モデルの「CX-5」やCX-50から上の幅広い価格帯に位置するモデルで、ふたつの異なるボディタイプと2列と3列の2つのシートタイプを展開します。

 道路や駐車場が比較的狭い欧州や日本には、2列シートのCX-60、3列シートのCX-80を、一方、より大きなサイズや存在感が求められる北米などの市場には、ワイドボディ2列シートのCX-70、3列シートのCX-90を展開し、ミッドサイズクロスオーバーSUVのラインナップを拡充させます。

 これらのラージ商品群では各国での電動化ロードマップに対応し、さまざまな電動化パワートレインを搭載する予定。

 電動化が進んでいる欧州には、直列4気筒ガソリンエンジンとモーター駆動を組み合わせたプラグインハイブリッドを中心に、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」やクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を直列6気筒化し、48Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせることで、出力性能と環境性能を高次元に両立します。

 よりハイパワーが求められる北米には、ターボチャージャー搭載の直列6気筒ガソリンエンジンに加えてプラグインハイブリッドを展開することで、ユーザーの要望と環境対応を同時に進めていくとしています。

 また、クリーンディーゼルエンジンの人気が根強い日本では、直列6気筒の「SKYACTIV-D」と48Vマイルドハイブリッドの組み合わせやプラグインハイブリッドなどを導入していく予定です。

 さらに、並行してマツダ初の量産EVである「MX-30」の拡販や、2022年前半よりロータリーエンジンを発電機として活用するマルチ電動化技術を搭載したモデルの導入を進めるとともに、2025年頃からはEV専用プラットフォームの商品群を導入。

 これらの電動化モデルの導入を通じて、マツダは2030年には生産するすべてのモデルの電動化を完了させる予定です。

 また、2012年の導入以来グローバルに好評を得ているCX-5は、今後も継続的な商品改良によってデザイン進化やモデルラインナップの拡充を図るとともに、最新の安全技術やコネクティビティ機能を導入して商品力を強化し続け、今後もマツダのクロスオーバーSUVのひとつとして大切に育てていく計画だといいます。

 マツダは商品展開に関して、「今後もコーポレートビジョンに基づき、クルマ本来の魅力である『走る歓び』にあふれたカーライフを通じてお客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります」と説明しています。

※ ※ ※

 <2022年以降導入予定のクロスオーバーSUV商品群>

 ●ラージ商品群
 MAZDA CX-60 (2列シート):欧州、日本、他
 MAZDA CX-70 (ワイドボディ2列シート):北米、他
 MAZDA CX-80 (3列シート):欧州、日本、他
 MAZDA CX-90 (ワイドボディ3列シート):北米、他

 ●スモール商品群
 MAZDA CX-50:米国

【画像】目ヂカライケメン! 日本発表前にCX-5の米国仕様を見る!(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント