SUVで“本命ノート”登場!? 日産 新型「ノートAUTECHクロスオーバー」は5ナンバー枠死守でも存在感強調 走りも重厚感アリ?

日産 新型「ノート」に、クロスオーバーモデルの派生車「ノートAUTECHクロスオーバー」が追加されました。最低地上高アップなどでSUVらしさが強調されたスタイルとなりましたが、どんな走りを見せたのでしょうか。

日産 新型「ノート」にクロスオーバーモデルがついに登場

 2021年にすべてを刷新した日産 新型「ノート」。登場以降、さまざまな派生モデル が送り出されてきましたが、待望のクロスオーバーが追加されました。

 それが今回紹介する「ノートAUTECHクロスオーバー」です。その名の通り、「ノートAUTECH」がベースのクロスオーバーになります。

日産 新型「ノートAUTECHクロスオーバー」
日産 新型「ノートAUTECHクロスオーバー」

 なかには「なぜAUTECHとの組み合わせなの?」という疑問を持つ人もいるでしょう。それはオーテックジャパンの歴史を振り返るとわかります。

「ラルゴ・ウミボウズ」「キャラバン・フウライボウ」「セレナ・キタキツネ」……これらのモデルは1BOXにRVテイストをプラスさせたモデル、つまり今でいうクロスオーバーのハシリのモデルです。

 その思想をAUTECHに融合……というわけです。

 余談ですが、直近では「キューブ・トラビス」「ノートC-GEAR(2代目)」など、クロスオーバーテイストをプラスしたモデルがありましたが、ビジネス的には成功とはいえず……、今回はそのリベンジもあるようです。

 エクステリアでは、ドットパターン+ダーククロムのフロントグリルとバンパーに内蔵されたブルーのシグネチャーLEDが採用されたフロントマスクはノートAUTECHと共通ですが、新たにルーフレールやフェンダーモール、ブラックアウトされたサイドステップ、専用サスペンション(車高25mmアップ)、専用アルミホイール+大径タイヤなどにより、クロスオーバー感を演出。

 変更点は少なめですが、ノートAUTECHよりも力強さが増したことに加えて、全長と全高のバランスが変わったことによる凝縮感が高められたデザインになっています。

 企画を担当した永澤清和氏は、「そのまま掛け合わすとチグハグになってしまうので、あくまでもクロスオーバーの前にAUTECHであることに注力。そのため、あからさまにクロスオーバーといわせない絶妙なポジションのデザインにしました」と語っています。

 この辺りは、「クロスオーバーの購入者のほとんどがオンロードで使用」という部分を考慮した結果でしょう。

 ちなみにフェンダーモールがプラスされた状態での全幅は1700mmと“ジャスト”5ナンバーサイズ。全高は車高25mmアップ+ルーフレール装着にも関わらず1545mmで立体駐車場もOKなのも嬉しいポイントといえるでしょう。

「ノートオーラをベースにする案もありましたが、やはりコンパクトカーなので普段使いも考慮した結果です。デザイン側は『5ナンバー枠でどれだけ大きく見せられるか?』という挑戦でもありました(永澤)」

 インテリアはさざ波をイメージした表皮が特徴のレザレットシートや高触感本革ステアリング、合皮アームレスト、紫檀(したん)模様のインパネフィニッシャーなどはノートAUTECHと共通ですが、インテリアコーディネイトはブラック×ブルーながらもブラックの比率を引き上げた専用品。

 クロスオーバーの機能性を表現しているようですが、同時に落ちつきもアップしています。

 走りの部分の変更は、ノーマル+25mmのサスペンションと外径を上げたタイヤ(185/60R16から195/60R16に変更)、更にはバンプストッパー、EPS制御などが専用となっています。

「クロスオーバーと名乗る以上は車高を上げることはマストでした。専用のフットワーク系は、車高アップしたネガ(フワフワ/応答遅れなど)を消すだけでなく、長距離ドライブでも滑らか&快適な乗り心地とシッカリ感を高めた操縦安定性とAUTECHのプレミアムスポーティに見合った『プラスα』を織り込んだセットになっています(永澤)」

 ちなみに最低地上高は145mmと基本はオンロード向けではあるものの、AUTECHクロスオーバーにも設定されるe-POWER 4WDは単なる生活四駆を超えるポテンシャルを持っているため、車高アップは雪道やフラットダートなど舗装路以外のシーンでも強い武器となりそうです。

 もちろん、プロパイロットをはじめとする運転支援デバイスは車高アップにシッカリと適合済み。この辺りはファクトリーカスタムならではの安心・安全といえるでしょう。

【画像】SUV化した日産 新型「ノート」登場! 新型「ノートAUTECHクロスオーバー」の全貌とは? 内外装を画像で見る(38枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. ノートのクロスオーバーモデル出して日本市場向けはこれで充分なんて思ってないよね?
    欧州で販売しているキャシュカイ(デュアリス)は持ってこないし、
    エクストレイル(ローグ)とシルフィ(セントラ)もまだ日本は旧型のまま放置…
    こんな金太郎飴みたいなラインナップの販売戦略じゃ
    国内販売店は泣いてるぞ。

  2. まるでノート クロスターといった所だな。
    ホンダ フィットの失敗を真似してどうする?

  3. 全幅1700mmジャストって独立行政法人自動車技術総合機構・交通安全環境研究所の審査は大丈夫だったのかこれ?

    • 本来1700mmきっちりの書類上の形式申請だと誤差の範囲上3ナンバー扱いになってしまうのですが、
      オーテック仕様車は全車持ち込み登録扱いなのがミソ
      要は改装しての検査登録所持ち込み登録という扱いなので、
      構造変更手続き上の軽微な変更な為諸手続き不要となる±2㎝の範囲内に該当すると認められて
      5ナンバーのままで登録は通るのだと思われます。

  4. 同じ車幅で書類上で3ナンバーになると
    何か不都合あるのかな?
    日本はいつまでも5ナンバー執着オジサンが
    いてメーカーも大変だ。

  5. 同じ車幅で書類上で3ナンバーになると
    何か不都合あるのかな?
    日本はいつまでも5ナンバー執着オジサンが
    いてメーカーも大変だ。