目ヂカラ「イケメン」か!? マツダ新型「CX-5」一部デザイン公開! 新ヘッドライト&レッドアクセント!? 今冬登場へ

2021年10月1日、マツダはミドルサイズSUV「CX-5」のティザーサイトを公開。新たにヘッドライトの画像がお披露目されています。

新型「CX-5」の公開されたヘッドライトがカッコイイ!

 マツダは、2021年10月1日に同社のミドルサイズSUV「CX-5」のティザーサイトを公開しました。

ティザーサイトでお披露目された「CX-5」の新たなヘッドライト(海外仕様)
ティザーサイトでお披露目された「CX-5」の新たなヘッドライト(海外仕様)

 マツダのCX-5は、現行モデル(2代目)が2017年2月に発売され、これまでにいくつかの商品改良をおこなっています。

 直近では、2020年12月にディーゼルエンジンの出力向上、加速性能の改善、アクセルペダルの最適化などをおこなったほか、ディスプレイのインチアップも図っています。

 今回、新たに商品改良を受けるCX-5に関して、ティザーサイトではヘッドライトの画像が公開。

 新たに採用されたヘッドライトデザインは、ふたつのL字型LEDライトが暗闇に浮かび上がっているほか、グリル部分には赤いアクセントが付けられています。

 このデザインを見る限り、すでに米国などで発表されているものと同タイプになるようです。

 そのほかの部分において、マツダは「走りとデザインがさらに進化、個性際立つラインナップで」と説明しており、デザインだけでなく、走行性能が向上していることや、複数のバリエーションが存在することがわかります。

 また、このティザーサイトではマツダの「CLUB MAZDA」会員限定で見られるコンテンツを用意され、商品改良車の複数画像が見られるようになっています。

 さらに、CLUB MAZDA会員のなかから抽選で商品改良車の特別内見会が実施され、いち早く商品改良車をスタッフの解説によって見ることができる特別内見会の申込が可能です。

 新たに商品改良を受けるCX-5は、2021年冬登場予定だといいます。

マツダ・CX-5 のカタログ情報を見る

【画像】目ヂカライケメン! 日本発表前にCX-5の米国仕様を見る!(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント