究極の日産新型「フロンティアPRO-4X」世界初公開! NISMOオフロードカスタム仕様が女性ラリー競技参戦へ

北米日産は、2021年10月に開催される「Rebelle Rally(レベルラリー)」に新型「フロンティアPRO-4X」で参戦することを明かしました。

ワンオフ制作の新型「フロンティアPRO-4X」とは?

 2021年10月1日に日産の北米法人は、同月に開催される「Rebelle Rally(レベルラリー)」に特別な新型「フロンティアPRO-4X」で参戦することを明かしました。

レベルラリー参戦用に制作された日産新型「フロンティアPRO-4X」のNISMOオフロード仕様
レベルラリー参戦用に制作された日産新型「フロンティアPRO-4X」のNISMOオフロード仕様

 レベルラリーとは、米国のネバダ州、アリゾナ州、カリフォルニア州の砂漠地帯を舞台に1500マイル(2414km)以上を8日間かけて走り抜ける、米国最長のオフロードラリーです。

 参加選手は女性だけとなり、レクサスや三菱なども参戦する競技となっています。

 2021年の「2021 Rebelle Rally」は、10月7日にネバダ州のフーバー・ダムから始まり、10月16日にカリフォルニア州のインペリアル・サンド・デューンでクライマックスを迎えます。

 今回、北米日産はサンディエゴの日産デザイン・アメリカによってデザインされた赤、白、青が特徴的な新型フロンティアPRO-4Xをお披露目しました。

 新型フロンティアPRO-4Xには、新しいNISMO Off Roadパーツとして、サスペンション、エキゾースト、ホイール、4インチライトなどが装着されています。

 ベースとなる新型フロンティアは、2021年2月5日(日本時間)に米国で世界初公開されました。

 新型フロンティアは、アグレッシブでモダンなスタイルと、日産を象徴するモデルである「ダットサントラックハードボディ」から着想を得たデザインを融合させています。

 パワートレインは、9割以上の部品を刷新した3.8リッター直噴V型6気筒エンジンに9速ATを組み合わせ、力強い走りを実現。

 今回のレベルラリー仕様となる新型フロンティアPRO-4Xについて、北米日産アフターセールス担当副社長・Michael D. Soutter氏は次のように述べています。

「日産は1960年代からオフロード耐久レースに参加しており、1980年代のハードボディレーサーは今でもっとも成功したトラックとして認知されています。

 2021年のリベルラリーでは、チーム・ワイルド・グレイスを応援し、新型フロンティアと新開発NISMOオフロードパーツが、アメリカの過酷な環境でどのような力を発揮できるかを証明します。このトラックには勝利のDNAが宿っているのです」

※ ※ ※

 日産は、2016年にこのイベントが始まって以来、毎年出場している唯一の自動車メーカーです。

 そして、新型フロンティアPRO-4Xと新開発NISMOオフロードパーツがレベルラリーでどのような活躍を見せるのか注目が集まります。

米国日産・フロンティア の中古車をさがす

【画像】ある意味女性専用車両? 日産新型「フロンティアPRO-4X」NISMO仕様がカッコいい! 内外装を画像で見る(53枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント