日産新型「プリマスター」&「インタースター」同時世界初公開! 新ロゴ装着のタフ顔バンを欧州で発表

日産の欧州部門は、小型商用車の新型「タウンスター」を発表すると同時に、中型商用車は新型「プリマスター」、大型商用車は新型「インタースター」へとリニューアルすることを明らかにしました。

日産が欧州で販売する大中小の商用車を刷新

 日産の欧州部門は、小型商用車(LCV)戦略の新たな一歩として、オールスターラインナップを刷新すると2021年9月27日に発表しました。

日産の中型バン 新型「プリマスター」(欧州仕様)
日産の中型バン 新型「プリマスター」(欧州仕様)

 小型バンのセグメントでは、としてEV仕様とガソリン仕様の両方を備えた新型「タウンスター」が登場します。

 新型タウンスターのEV仕様は、大衆向け電動商用車の先駆けとなった「e-NV200」の後継モデル。

 フロントグリルやシグネチャーランプにあしらわれた象徴的な組子の模様など、有田焼にインスパイアされたデザインを採用するなど、和のテイストを盛り込んだデザインが特徴的です。

 また、新しい日産ロゴを採用した最初の欧州モデルとして、革新的なデザインとテクノロジーを体現しました。

 なお、新型タウンスターはルノー・日産・三菱アライアンスのCMF-Cプラットフォームを使用し、アライアンスの中心地であるモーブージュ工場で製造されます。

 中型バンとして販売された「NV300」は新型「プリマスター」に生まれ変わり、新しいインターロックグリルやLEDヘッドランプ、17インチアルミホイール(オプション)により、シャープでダイナミックな外観を際立たせました。

 さらに、最新の低公害パワートレイン技術を採用するとともに、ユーロ6dに準拠したエンジンを搭載してよりパワフルな走りを実現。マニュアルトランスミッションまたはデュアルクラッチ式オートマチックトランスミッションを設定しました。

 新型プリマスターは最新の先進運転支援システム(ADAS)を装備。ブラインドスポット警告や車線逸脱警告、交通標識認識、アダプティブクルーズコントロール、インテリジェントエマージェンシーブレーキなどの機能により、快適性と安全性が向上しています。

 加えて、大型バンにおいて、「NV400」は新型「インタースター」にモデルチェンジして存在感を向上。欧州におけるLCVをこの3モデルに集約し、ビジネスユーザーを中心とした効率的なモビリティソリューションを提供するといいます。

 日産の欧州法人でLCV・法人セールスディレクタを務めるエマニュエル・セラザン氏は次のようにコメントしています。

「日産はLCVのオールスターラインナップを導入することで、ビジネスオーナーをサポートしていきます。

 ルノー・日産・三菱アライアンスの強みと規模を活かし、『Nissan NEXT』の変革プランの一環として、オールスターのラインアップを一新することで競争力を高め、2025年までに欧州市場でのプレゼンスを高めるという目標に向けて、LCV事業部は邁進していきたいと考えています」

 日産はe-LCVセグメントの業界リーダーとして、電動化に関する専門知識と伝統を築いています。

 電動化への移行が急速に進むと予想されるLCV市場において、日産は新たな商用車ラインナップを提案し、ビジネスの将来性をサポートする予定です。

【画像】欧州の日産商用車がカッコ良すぎる! 新型タウンスター・プリマスター・インタースターをチェック!(39枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント