アウトドア最強の日産新型「フロンティア」爆誕! 超タフなNISMOオフロードパーツが米で登場

北米日産は、新型「フロンティア」向けのNISMOオフロードパーツを発表しました。一体どのようなパーツが設定されたのでしょうか。

新型フロンティア用のNISMOオフロードパーツとは?

 日産の北米部門は、ピックアップトラック「フロンティア(2022年モデル)」向けのNISMOオフロードパーツを発表し、2021年9月24日から26日に米・アリゾナ州で開催された「2021オーバーランド・エキスポ・ウエスト」で初公開しました。

NISMOオフロードパーツを装着した日産新型「フロンティア」(2022年モデル)
NISMOオフロードパーツを装着した日産新型「フロンティア」(2022年モデル)

 日産が海外で販売するフロンティアは2021年9月にフルモデルチェンジし、新型モデルが登場。

 外観は、インターロッキングデザインの新型ヘッドライトと堅牢さを表すグリルやはっきりとした輪郭のフードを備えた力強いフロントエンドが特徴的であるほか、個性的なリアコンビネーションランプが存在感を示しています。

 内装は、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応する9インチカラータッチスクリーンや車内Wi-Fi、ワイヤレス充電などの機能も装備しました。

 パワートレインは、3.8リッターV型6気筒エンジン(最大出力約314馬力)を搭載。9速ATの組み合わせで力強い走りを実現しています。

 また、先進安全装備として「セーフティシールド360」を標準装備するほか、米国日産のラインナップでは初となるオフロードモードを備えた「インテリジェントアラウンドビューモニター」を搭載するなど、新たなピックアップトラックへと進化を遂げました。

 今回、新型フロンティアのNISMOオフロードパーツとして、スタイルとアウトドアなどにおける機能性をさらに高めるアイテムを設定。

「NISMO オフロード 4インチライト」は、オフロードに最適なドライビングビームパターンを採用し、3060ルーメンの出力を実現し、堅牢で防水性に優れたアルミ製ハウジングには均圧弁を装備するとともに、省電力で車両の電気系統への影響を最小限に抑えました。

 また、「NISMO オフロード オーバーランドベッドラック」は、パウダーコーディングされたスチール製で、ロータイプとハイタイプを用意。さまざまな用途に対応することができます。

 さらに、丈夫で耐候性のあるリップストップポリエステルキャンバスを使用した「NISMO オフロード ルーフトップテント」は2人がゆったりと快適に過ごせるように設計。壁一面に敷き詰められた厚手のマットレスと洗濯可能なカバー、換気用の3つの窓を備えました。

 これらに加えて、深みのあるサウンドのエキゾーストトーンを実現する「NISMO オフロードパフォーマンスエグゾースト」をラインナップ。ポリッシュ仕上げのエキゾーストチップにはNISMOロゴがレーザーエッチングされ、スポーティさを演出しています。

 ほかにも、「NISMOオフロードサスペンションキット」や「NISMOオフロードバンパー」、「NISMOオフロードライティング」、「NISMOオフロードAXISホイール」など、2020年に発表されたNISMOオフロードパーツも引き続き利用可能です。

【画像】車上泊も可能! NISMOオフロードパーツでさらにワイルドになった日産新型「フロンティア」(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント