日産新型「オーラ」は速くて静かでお買い得! 話題の「BOSEサウンドシステム」がちょっと惜しい!?

日産「ノート」の上級モデルとして登場した新型「オーラ」。実際に試乗して、走りや話題の「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」をチェックしてみました。

新型オーラが好調! 一体どんなクルマ?

 日産のコンパクトカー「ノート」の上級モデルとして2021年8月17日に発売された新型「ノートオーラ」(以下オーラ)の売れ行きが好調らしい。

 2021年8月の発売時点で受注1万台。その後も順調な受注状況で、2021年9月下旬時点で1万2000台を超えたという。

3ナンバーボディで上質感増した日産新型「オーラ」
3ナンバーボディで上質感増した日産新型「オーラ」

 主な購入層は、ひと昔前なら「ブルーバード」や「ローレル」、「スカイライン」などを買っていた日産のお得意さん達である。

 考えてみたら、現在の日産のラインナップを見ると、ノートより上のモデルは高価なスカイラインです。

 セダンの「シルフィ」も「ティアナ」も絶版になってしまい、ちょうど良いクルマがなくなってしまった。かといってほかのメーカーのクルマに乗りたくない、という質の良い顧客を日産はいまでも相当数持っている。有り難いことです。

 ノートだと少し物足りないものの、新型オーラならひとクラス上のクルマ作りを目指している。新型オーラのボディサイズはノートより拡大されたことから、ナンバーも「5」じゃなく「3」。

 加えて新型オーラとノートの価格差は42万円ほど。少なからぬ金額差ながら、内容を考えたらお買い得感がある。

 というのもノートは、ブラインドスポット警報やナビなど必要な装備を付けていくと簡単に40万円くらい高くなってしまう。

 一方の新型オーラならLEDヘッドライトなど魅力的な装備まで標準。後述するBOSEとアダプティブクルコンさえ諦めたら割安だ。

 ノートのパワートレインは1.2リッター+e-POWER。これは新型オーラも同じだが、普通のエンジンなら最高出力に相応する「システム出力」は、ノートの116馬力に対して新型オーラはワンランク大きい136馬力。

 1.5リッターエンジン車と1.8リッターエンジン車くらいの違いがある。これだけで20万円くらいの価値を持つ。

 私(国沢光宏)なら、ノートと新型オーラで迷ったら、迷うことなくすべてにいいて上質な新型オーラを選ぶだろう。

 そんなことを考えながらオーラのハンドルを握ると、「なるほど! これで十分良いじゃないか」と思う。

 驚くほど静か。10年前のガソリン車から乗り換えたら信じられないほどの静粛性だ。絶対的な動力性能だってひと昔前の2リッターエンジンより確実に速い。街中の追い越し加速など、クルマ好きが多い日産愛好家も満足出来る。

 トヨタのハイブリッド車と比べたら実用燃費で劣るが(新型オーラを街中で走らせると17km/Lから20km/L程度)、普通のエンジン車と比べたら圧倒的に良い。

 インテリアの質感が高く、絶対的な後席スペースだってティアナにこそ届かないまでも、それ以外の歴代日産車と比べたら余裕。豊富な電子装備なんか使い方を覚えきれないだろう。

【画像】プレミアム感がハンパない! 新型「ノート オーラ」をもっと見る(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. まるっきりホンダ顔ですね!www
    日産よ、何をやっちゃうんだい??w

  2. BOSEと言えば低音でしか評価できないのは残念な限り、
    並のスピーカーだと原音に比べ低音が埋もれがちなのでそこはしっかり出そうというのはBOSEの思想の根底にあるのは事実だがそればかりがBOSEの良さではないと思う。
    ことカーオーディオにおいては車室空間が定まってる中なので
    いかに乗員にバランスよく音を届けるかが鍵であるのですが、
    高級感がウリのNOTE AURAではありますが、
    あくまでもコンパクトハッチバックであり
    故にスピーカーを配置するスペースに制約が多く
    またコスト上の制約もあったのだろうか、
    一般に高級車のこの手のプレミアムオーディオでは10スピーカー以上は当たり前ですが、
    ことAURAに関しては8スピーカーしか搭載してない、
    トランクなどにサブウーファーも設置出来てない始末で、
    ドアスピーカーもサイズ変えられない中で低音補強し補った上で、
    メインをヘッドレスト配置してるのは
    周りに包むように複数のスピーカーを配置して音像配置出来ないのを補う苦肉の策なのだと見えます。
    多分NOTEの車体設計開発時からの搭載前提での開発参加では無く
    AURAへのOP設定が決まった時点でBOSEに依頼が入ったのかも?
    車体設計開発時から共同開発してる様な高級車に匹敵するとまでは
    流石にBOSEと言えども無理だったのかも?
    もしくは、
    スモールカーシリーズ(AURA)とパフォーマンスシリーズ(スカイライン他)とでは
    そもそもの方向性が違うと考えて捉え割り切るべきなのかも?

  3. 何故オプションの中にナビが含まれているのを隠すのでしょうか。これは明らかに印象操作です。

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  4. 大御所さんの記事でびっくりしました。
    音質の記事はともかく、BOSEとプロパイロット、SOSコールだけの価格で40万ではないです。一番単価高いナビが含まれています。訂正願います。

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。