オジサン世代はランクルやNSXが欲しい!? かつて人気の「セダン」には興味ないのはなぜ?

かつてセダンが定番だった時代に20代だったいまの「オジサン世代」がいま欲しいクルマとはどのようなものなのでしょうか。

オジサン世代に聞いた!いま購入したいクルマはなに?

 クルマは時代とともにあらゆる進化を遂げ、かつてはセダンが安定した人気を誇っていましたが、最近ではSUVの人気が高まって久しいです。
 
 では、1980年代から1990年代、セダンが主流だった時代に20代を過ごした現おじさん世代は、いまどのようなクルマが欲しいと考えているのでしょうか。

オジサン世代は「ランクル」に憧れる人が多い? なかには「ランクル70」を上げる人も!
オジサン世代は「ランクル」に憧れる人が多い? なかには「ランクル70」を上げる人も!

 今回は、実際に40代から50代の男性に、いま欲しいクルマとして「現実的に購入できそうなクルマ」と「購入は難しいけれど欲しいクルマ」のふたつを聞いてみました。

 まず「現実的に購入できそうなクルマ」としては、トヨタ「ハイエース」「ランドクルーザー」「86」、ダイハツ「N-BOX」「タント」、シトロエン「DS5」「アルファード」などが挙げられました。

 こうした車種を挙げた理由として、例えば、ハイエースを挙げた男性は「サーフィンが趣味でサーフボードを積みたい」、ランドクルーザーを挙げた男性は「キャンプなどのアウトドアに行くので荷室が広く、悪路走行できるクルマが欲しい」と話しています。

 また、N-BOXを挙げた男性は「趣味で山に登るため、四輪駆動でターボ搭載の軽自動車が欲しいから」といいます。
 
 よって、「趣味を楽しみたい」という理由から、欲しいクルマを選んでいる人が多いことがうかがえます。

 また、86を挙げた男性は、欲しい理由について以下のように話します。
 
「昔からスポーツカーが好きでしたが、結婚や子どもができたことで購入のタイミングを逃していました。

 現在は、子どもも自立して基本的には妻とふたりで過ごしているので、購入するのに良いタイミングだと感じています」

 さらに、別の男性からは「モデルは問わないけれど、自動運転が搭載されているクルマとMT車など、両極端な2台を購入したい」という意見もありました。

 こう答えた理由について、男性は以下のように話します。

「私は子どもが3人おり、20代の頃はノアなどのミニバンを所有していました。

 現在は、持ち家のローンなどの支払いも済み、子どもたちも家を出ているので、これからは自分の興味があるクルマを購入したいと考えています」

 このように、40代、50代の男性の場合では「子どもが自立している」「住宅ローンが完済できた」など、20代や30代に比べ、趣味を楽しむ時間や金銭的な余裕がある人もいる可能性が高いといえるでしょう。

 そのため、「趣味を楽しむクルマ」「興味があるクルマ」など、素直に自分が欲しいと思えるクルマが視野に入れやすくなっているのかもしれません。

 また回答が多かったアルファードについて、下記のような理由が挙げられました。

「家族で出かけることを考えると現実的にミニバンとなりますが、少し見栄を張ることを考えるとアルファードが丁度よいのかと思います」

「現在、ヴォクシーに乗っているので、ステップアップとしてアルファードが良いです。アルファードは輸入車とは違ったブランド力があるので、乗っていることが一種のステータスになることもあります」

【画像】オジサン世代が昔憧れた! 「デートカー」ってなに? 懐かしのソアラ&プレリュードを見る(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. やっぱりコスモ、
    20

  2. 普通のセダン=オジサン
    だと思われたくないから、
    セダンを選ばない。
    つまりはセダンをあえて選ばない人は既にオジサン世代なのだったわけデスネ。

  3. 意見から見てみんなその車を運転するのが前提だから

    走りを重視したタイプのセダン好きは
    元がスポーツカー好きの嗜好があるし

    ドライバーに運転を任せっきりで乗り心地の観点から
    高級セダンが好きな人は回答しにくい形式から調査方法と相性が悪い