マツダ「CX-5」エレガントなデザインに刷新! 大幅改良モデルが米国で登場

マツダのSUV「CX-5」の大幅改良モデルが米国で発表されました。デザインが変更されるといいますが、一体どのようなモデルになるのでしょうか。

大幅改良でエレガントさが増したCX-5

 マツダの北米事業本部は、SUV「CX-5」の改良モデル(2022年モデル)を2021年9月14日に発表しました。
 
 CX-5 2022年モデルは、より洗練された鼓動デザインを採用。「LESS IS MORE」をテーマに、美しいスタイリングを実現しています。

フロントフェイスが刷新されるマツダ「CX-5」(海外仕様)
フロントフェイスが刷新されるマツダ「CX-5」(海外仕様)

 今回のデザイン変更はフロントエンドとリアエンドのリファインに注力し、キャラクターラインを最小限に抑え、反射性の高いボディ表面を採用することで個性的でエレガントな外観を実現しています。

 フロントグリルは、新しいシグネチャーウィングを採用。従来のメッシュタイプから立体感のあるテクスチャーに変更しました。

 また、ヘッドランプとテールランプのデザインを大幅に変更し、それぞれのランプに水平方向に配置された長方形のLEDランプを採用することで、スマートで人目を引く表現を実現しています。

 さらに、新デザインのアルミホイールを採用することで、都会的でエレガントな雰囲気を演出しています。

 加えて、ガソリン車との差別化を図るために、ターボ車のスタイリングを強化。

 新モデル「2.5ターボ」(従来のグランドツーリングリザーブ)はスポーティなスタイリングとし、外観にグロスブラックを採用してアスレチックな雰囲気を演出するとともに、内装のレッドのアクセントやステッチを施しました。

 2.5ターボの「シグネチャー」グレードは、ボディと同色のクラッディングを採用し、ブライトシルバー仕上げのホイールとのコントラストが映えるデザインです。インテリアには、ナッパレザーや本杢などの上質な素材を採用しました。

 CX-5(2022年モデル)はエレガントな新デザインに加えて、ドライブモードやシート、ボディ、サスペンションなどもアップデートされ、走行性能と乗り心地が向上しています。

 ワンタッチで最適なドライブモードを選択できる「マツダインテリジェントドライブセレクト(Mi-Drive)」を導入。

 人間工学に基づいたシートに変更され、乗員の安定性を高めて、自然で快適な乗り心地としました。

 さらに、6速ATの応答性を向上させ、スムーズな加速を実現。サスペンションは、減衰力制御構造の改良やフレーム剛性の向上などにより、不快な振動やロードノイズを抑制して静粛性と乗り心地をアップしています。

 これらの改良により、ドライバーは楽しいドライビングエクスペリエンスをより身近に感じることができるようになります。

 CX-5(2022年モデル)は「i-Activ AWD」を全車標準装備。加速時やコーナリング時の荷重移動を常に監視し、適切な車輪にパワーをシフトすることで、ドライバーの入力にほぼ瞬時に反応します。

 また、車速に応じたターンインレスポンスやコントロール性を向上させることで、クルマの性能を高めると同時に、さまざまな路面状況下での安全性を高めることができるようになりました。

 なお、CX-5の改良モデルは、欧州などにも導入される予定となっています。

マツダ・CX-5 のカタログ情報を見る

【画像】目力増した! エレガントさが際立つマツダ「CX-5」改良モデル(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1.  ダメだよ!米国販売車両フロントグリルNISSANになってしまった。

    初期型はメッキ部分細すぎが、今は最適なメッキ面積量。

    シンプル最小のメッキ部分で目立ちすぎない現行型、ボデーの面構成が最高のマツダが米国モデルは壊された。

    せめて国産販売車両は、メッキ部分を現状ほどに抑えてくれ!

  2. あーあ、見た目だけが取り柄のマツダもとうとうクソダサグリルかよ
    ロクに電動化も出来てないし、直6なんて作ってる場合じゃないんじゃないの?
    どうせツダヲタはこれもホルホルするんやろなぁw

  3. なぜ、こうなった?
    フロントグリルの新しいシグネチャーウィングが浮いてしまい一体感がいまいち足りない、
    後付で張り付けた様で安物っぽい、まるで棚に引っ掛けるフックだよ。
    しかも100均で売ってるようなプラスチックにメッキした奴みたいに見えてしまう。
    近年デザインにこだわってきたマツダにしてはあるまじき整形失敗作で理解不能だ、
    従来型の方が彫りが深く入り込んで立体的で良かったように思う。