新型「Gクラス EV」世界初公開! メルセデス・ベンツ「EQG」を独で発表

メルセデス・ベンツ日本は20201年9月5日、伝統のオールテレーンモデル「Gクラス」の電気自動車(ピュアEV)コンセプトモデル、「コンセプトEQG」を世界初公開しました。

10年後、メルセデス・ベンツはEV専業メーカーになる!?

メルセデス・ベンツ日本は20201年9月5日、伝統のオールテレーンモデル「Gクラス」の電気自動車(ピュアEV)コンセプトモデル、「コンセプトEQG」を世界初公開しました。

メルセデス・ベンツ「コンセプトEQG」
メルセデス・ベンツ「コンセプトEQG」

 2018年1月に米国デトロイトで開催された、現行Gクラスのワールドプレミアでは、Gクラスの熱烈なファンであったことからハリウッドの名俳優であるアーノルド・シュワルツネッガー氏もスターゲストとして登場しましたが、当時ダイムラーAGの取締役会会長だったディーター・ツィッツェ氏とのトークで、多くの人にとって予想外の約束を引き出しました。

 それは「メルセデス・ベンツのすべてのモデルシリーズの電動化は、もちろんGクラスにも適用されます」ということでした。

 それから3年半が経ち、Gクラスの電動化を実現する新モデル、コンセプトEQGが発表されました。

 ダイムラー社の取締役であり、メルセデス・ベンツ・カーズのCOOであるマーカス・シェーファー氏は、「市場の状況が許す限り、メルセデス・ベンツは10年後までに完全な電気自動車メーカーを実現します」と強調しています。

 さらに「”電気自動車が先 “から “電気自動車のみ “への戦略的ステップにより、私たちはゼロエミッションの未来への変革を加速させています。私たちは、説得力のある製品によって、お客様に電動モビリティへの切り替えを促したいと考えています。Gクラスのようなアイコンは、この任務を完璧に果たしてくれます」。

 1979年の登場以来40年以上にわたり、Gクラスはメルセデスの高級オフロードカーとして君臨してきました。メカニズムは常に最新の技術を採用してきましたが、外観は古典的なデザイン言語を採用しています。

 コンセプトEQGもまた、モデルシリーズの伝統的なデザインを踏襲しており、ひと目でGクラスであることがわかります。

メルセデス・ベンツ「コンセプトEQG」
メルセデス・ベンツ「コンセプトEQG」

 量産型に近いこのモデルは、Gクラスの象徴的な要素を含むスクエアなシルエットを採用。フロントビューも丸形ヘッドライトのおかげで見慣れた「G顔」になっています。ただし従来のエンジンモデルのようなラジエターグリルではなく、ブラックのグリルが配置され、3D効果のある星のイルミネーションがアクセントとされています。

【画像】Gクラスの電動モデル! メルセデス「コンセプトEQG」の詳細を画像で確認!(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント