メルセデス「Sクラス」に最上位モデル「S580」追加! 503馬力の4リッターV8ツインターボ搭載

メルセデス・ベンツ日本は2021年9月3日、フラッグシップセダン新型「Sクラス」に3リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載した「S580 4MATIC」および「S580 4MATICロング」を追加、先行予約の受付を開始しました。納車は同年9月を予定しています。

メルセデス・ベンツ新型Sクラスの最上位グレード

 メルセデス・ベンツ日本は2021年9月3日、フラッグシップセダン新型「Sクラス」に3リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載した「S580 4MATIC」および「S580 4MATICロング」を追加、先行予約の受付を開始しました。納車は同年9月を予定しています。

メルセデス・ベンツ新型「Sクラス」
メルセデス・ベンツ新型「Sクラス」

 新型Sクラスは、2021年1月に8年ぶりとなるフルモデルチェンジで登場したモデルです。いつの時代も、その時点で持てるすべての技術を搭載、世界の自動車の指標とされてきたモデルで、累計販売台数は世界で50万台を超え、「もっとも選ばれているラグジュアリーセダン」のひとつとなっています。
 
 今回、その新型Sクラスのラインナップに、V型8気筒エンジンとISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を搭載した2モデルを追加しています。

 S580 4MATIC、およびS580 4MATICロングは、3982ccのV型8気筒ツインターボエンジン「M176」に、48V電気システムとISGを組み合わせたユニットを採用しています。

 エンジン単体の最高出力は503馬力、最大トルクは700Nmです。低負荷域で気筒休止する機能も備えており燃費性能にも配慮されています。

 エンジンとトランスミッションの間に配置された最高出力20馬力・最大トルク208Nmを発生する電気モーターISGと48V電気システムにより、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電をおこない、約1kWhの容量のリチウムバッテリーに充電します。

 スターターが、従来よりも高出力な電気モーターとなることで、エンジン始動時の振動を抑え、エンジンスタートおよびアイドリングストップの際の再スタートの快適性を向上しています。

 さらに、このモーターはシフトチェンジ時にも使用され、エンジンが理想的回転数に達するまでの時間を最小限に抑えるためのアシストもおこないます。これにより、シフトチェンジに必要な時間が短縮され、スムーズでタイムラグの少ないシフトチェンジを実現します。

 車両価格は、S580 4MATICが1611万円(消費税込、以下同)、S580 4MATICロングが1953万円です。

※ ※ ※

 また同日、Sクラスの一部装備およびメーカー希望小売価格を変更しています。 
 
 前方の路面の凹凸をカメラで認識してフラットな姿勢を常に維持することで快適な乗り心地を提供する「E-ACTIVE BODY CONTROL」を、S500 4MATICおよびS500 4MATICロングに新たにオプション設定。

 さらに従来ブラック内装の車両にしか装備できなかったMBUXインテリア・アシスタントをブラック以外の内装色でも装備できるようになりました。またアクティブアンビエントライトおよび一部オプション装備の設定を停止しています。

 車両価格は、S400d 4MATICが1338万円、S400d 4MATICロングが1690万円、S500 4MATICが1338万円、S500 4MATICロングが1738万円となります。

メルセデス・ベンツ・Sクラス のカタログ情報を見る

【画像】メルセデスの最上位セダン!「Sクラス」をもう一度画像でチェック(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント