ゴツ過ぎスバルSUV発表! スバル新型「フォレスター ウィルダネス」はどう進化? 黒パーツで強烈武装 米で登場

スバルが米国で発表した、ワイルド仕様な「フォレスター」となる「フォレスターウィルダネス」。現状北米専用モデルとなりますが、どんな特徴があるのでしょうか。

第二弾のウィルダネス仕様 その特徴は?

 スバルは、同社のSUV「フォレスター」のSUVらしさをさらに際立たせたモデル「フォレスターウィルダネス」を北米で公開したと、2021年9月2日に発表しました。

 専用の内外装デザインが与えられ、さらにアウトドアでの実用性を向上させる各種装備も特徴だといいますが、どんなフォレスターに仕上がっているのでしょうか。

タフさが魅力のスバル「フォレスター ウィルダネス」(北米仕様)
タフさが魅力のスバル「フォレスター ウィルダネス」(北米仕様)

 スバルが北米で設定しているウィルダネス仕様とは、ベース車の持つ走行性・機能性といった美点はそのままに、専用パーツの装着によってタフでラギットな(無骨な、ゴツい)デザインに発展。

 SUVとしての走破性も強化することで、強い個性を際立たせたモデルとなっています。

 北米では、第一弾のウィルダネス仕様として「アウトバックウィルダネス」(北米専売車)が登場。

 より迫力ある内外装デザインとしたほか、最低地上高は標準モデルの8.7インチ(約221mm)から9.5インチ(約241mm)まで高められ、悪路走破性も向上しています。

 そして、第二弾のウィルダネス仕様となるフォレスターウィルダネスは、ブラックのプロテクションパーツをボディの随所に装着し、車両を保護する機能性を内包した逞しさを表現。

 さらに、大型のホイールアーチクラッディングやフロントスキッドプレート、六角形のLEDフォグランプなどの装着で力強い外観としています。

 内装は、イエローを随所に配したブラック基調のカラーリングで、撥水性のあるシート表皮の採用により優れた機能性も持っています。

 ホワイトレター付きのオールテレーンタイヤ(ヨコハマ ジオランダー)を装備し、また専用コイルスプリングを採用したサスペンションを装着。これでアウトバックウィルダネスと同様に、最低地上高も向上しています。

 コーナリング時のロール角を抑制するサスペンションのセッティングにより、ロール角の抑制にも配慮されました。

 ベース車よりさらにワイルドなデザイン、そして悪路走破性能向上といった機能性に至るまで手が加えられているフォレスターウィルダネス。アウトバックウィルダネスと同様北米専用車という扱いではあるものの、日本のユーザーからも注目を集めています。

 それではここでクイズです。

 フォレスターウィルダネスは、ベース車から足まわりがカスタムされた結果、最低地上高は何インチになっているでしょうか。

【1】8.2インチ

【2】8.7インチ

【3】9.2インチ

【4】9.7インチ

※ ※ ※

 正解は【3】の9.2インチです。

 北米仕様のフォレスターは最低地上高が8.7インチ(約221mm)ですが、フォレスターウィルダネスでは0.5インチアップの9.2インチ(約234mm)となっています。

スバル・フォレスター のカタログ情報を見る

【画像】外装ゴツい! スバル新型「フォレスターウィルダネス」はどんな新型SUV? 専用パーツで武装した姿を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント