レクサス新型「ES」発売! ライト類変更で豪華顔を刷新! リニアリティを追求したモデルに進化

レクサスの高級セダン「ES」の新型モデルが2021年8月26日に発売されました。新型ESは走行性能やデザインが大きく進化しています。

新デザインのスピンドルグリルで押し出し感アップ!

 レクサスは、新型「ES」を2021年8月26日に発売しました。

 今回発売された新型ESは、レクサスの原点である優れた静粛性と乗り心地、上質な快適性に磨きをかけています。

さらなる進化を遂げたレクサス新型「ES」
さらなる進化を遂げたレクサス新型「ES」

 新型ESは走行性能が向上し、あらゆる走行シーンで減速、操舵、加速がシームレスにつながる気持ち良さなど、ドライバーの意図に忠実でリニアな応答を追求しました。

 リアサスペンションメンバーブレースの剛性を高め、高速のレーンチェンジなどのシーンにおける操縦安定性を向上しています。

 さらに電子制御ブレーキシステムを変更し、コントロール性を向上。ペダルパッドの形状変更により足裏との接触範囲が拡大したほか、ブレーキペダルのブッシュ取り付け方法を見直し、ペダルの横方向の剛性を高めました。

 スポーティグレードの「Fスポーツ」は、新型のアクチュエーターを用いた最新鋭のリニアソレノイド式AVSを採用。減衰力の低減や可変幅を拡大することで上質な乗り心地と操舵応答性や安定性を両立しています。

 ESの特徴であるエレガントなデザインはモダンに進化しました。

 フロントのスピンドルグリルはESらしさを継承しながら、メッシュパターンの新意匠を採用。縦基調のL字ユニットの集合体で構成され、押し出し感を強調し、質感を向上させました。

 また、ヘッドランプもデザインが変更され、単眼ランプは新型の小型ユニットを採用。3眼ランプはブレードスキャンアダプティブハイビームシステム(AHS)を採用して機能性が向上するとともに、新薄型ランプユニットにより鋭い表情を表現しています。

 ベースグレードの「ES 300h」の17インチホイールは、スポーク端部を太くして切削光輝加工の質感を強調。V字に重ねることでスポーティな印象です。

 一方、メーカーオプションの18インチホイールは、切削光輝加工とダークメタリック塗装のコントラストが映える多軸スポークを採用し、高級感を演出しました。

 Fスポーツ専用の19インチアルミホイールは、フロントグリルの黒とマッチするツヤのあるブラックのホイールとし、引き締まった印象となります。

 さらに、日本限定の仕様として、LEXUSロゴ入りのオレンジ塗装ブレーキキャリパを設定し、スポーティな足回りを実現しました。

 ボディカラーとして、強い陰影により造形を際立たせる「ソニックイリジウム」と、金属質感と高光沢を実現した「ソニッククロム」を新たに設定しています。

【画像】デザイン一新で派手顔に! 走りも進化したレクサス新型「ES」をじっくり見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. マイナーチェンジばかりで、なぜモデルチェンジできないのでしょう?