199万円から! トヨタ新型SUV「カローラクロス」発売間近! 8/21より先行受注開始! 希望者は「早めの予約」が良い?

2021年9月14日に正式発表が予定されるトヨタの新型SUV「カローラクロス」。2021年8月21日には、一部の店舗で先行受注が始められているようです。新型カローラクロスの価格やグレード、ボディサイズなどは、どのようになっているのでしょうか。

2021年9月14日に正式発表決定!カローラクロスの概要はいかに

 2020年7月にタイで世界初公開されたトヨタ新型「カローラクロス」。2021年8月13日には、YouTubeで公開されたカローラのTVCMにおいて、日本仕様の新型カローラクロスと見られるシルエットがお披露目されています。
 
 そうしたなかで、2021年8月21日から日本国内のトヨタ販売店にて新型カローラクロスの先行受注が開始されるといいます。

2020年7月9日にタイで世界初公開された新型カローラクロス。その後、順次各地域で販売され、いよいよ日本市場へ導入される(画像はタイ仕様のオプション装着車)
2020年7月9日にタイで世界初公開された新型カローラクロス。その後、順次各地域で販売され、いよいよ日本市場へ導入される(画像はタイ仕様のオプション装着車)

 トヨタのカローラシリーズは、1966年に初代モデルを発売して以来、世界150以上の国と地域で累計5000万台を販売しているロングセラーモデルです。

 そのなかで、新型カローラスポーツはシリーズ初のSUVとなり、先行して販売されたタイ仕様でも人気なモデルだといい、国や地域によって異なるもののガソリン車やハイブリッド車が設定されています。

 新型カローラクロスは、「カローラスポーツ/カローラ/カローラツーリング」と同じTNGAプラットフォーム(GA-C)を採用。これにより、上質な走りと快適な乗り心地、静粛性を実現しています。

 また、快適性能に加えて、広々としたキャビン、乗降性の良さ、あらゆるシーンで活躍するクラストップレベルのラゲージスペースを確保。

 さらに、カローラシリーズから引き継いだ安全装備により「快適・便利・安心」を追求したクルマに仕上がっています。

 そうしたなかで、日本市場でも販売に向けた動きが見られており、2021年8月21日からは一部の店舗で先行受注を開始。正式発表に関しては2021年9月14日を予定しています。

 では、新型カローラクロスのスペックや価格などは、どのようになっているのでしょうか。

 ボディサイズは、全長4490mm×全幅1825mm×1620mmとなっており、イメージとしては、「C-HR」と「RAV4」の中間に位置するサイズ感です。

 パワートレインには、1.8リッターのガソリン車とハイブリッド車をラインナップ。駆動方式は、ガソリン車が2WDのみ、ハイブリッド車は2WDまたはE-Four(電気式4WD)から選択することができます。

 グレード展開は、エントリー(ビジネス向け)の「GX」から「G」「S」そして上級グレードの「Z」を設定。価格は、ガソリン車が約199万円から約264万円、ハイブリッド車の2WD仕様が約259万円から約299万円、4WD仕様が約279万円から約319万円だと、販売店スタッフは説明しています。
 
 そんな新型カローラクロスについて、都内のトヨタ販売店の営業担当者は以下のように話します。

「まだ発表前にもかかわらず、かなり多くの問い合わせをいただいております。

 現在はインターネットで見て気になったという人が多いのですが、『ヤリスクロス』がそうだったように正式発表後には、さらに問い合わせが殺到するのではないかと予想されます。

 なお、グレードに関してGXは、『ヤリス』のX “Bパッケージ”や『アクア』のBと同じくビジネス向けのグレードで、メーカーオプションがほとんど選べない仕様となっており、ガソリン車のみの設定です。

 先行受注に関しては、都内の店舗では8月21日からではなく、少し遅れると聞いております」

 また、静岡県の販売店営業担当者によると、ユーザー向けに発行されるカタログやカローラクロスの実車は、「2021年9月14日の正式発表後に順次販売店へ導入される予定で、まだいつ店舗に導入されるかわからない状況」であるといいます。

 さらに、愛知県の販売店営業担当者は、カローラクロスの受注について以下のように話します。

「カローラクロスは新型車ということで、注目度や人気が今後高まっていくと思いますが、一方で半導体の不足などによって、納期は長くなることが予想されます。

 新型カローラクロスの購入を前提に考えている人は、正式発表の前に受注することで、正式発表後に注文した人と比べて、かなり早い段階でクルマを受け取ることができると思います」

※ ※ ※

 先行受注の開始以降には、オプション装備なども明らかになるため、より詳細な見積もりが販売店で出せるようです。

 現在ではトヨタに限らず、半導体不足による納期の遅れが問題となっています。「新型カローラクロスを誰よりも早く欲しい!」と考えている人は、早いタイミングで検討するのが良さそうです。

【画像】新型カローラクロスのキャンプ仕様? 実車の内外装を見る!(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 今からC-HR、ヤリクロ、ガソリン安価ハリヤー、ガソリン安価RAV4、RAISE買うならこっちがオススメ
    どこもかしこも同じ車は絶対に飽きるし今から注文しても納車は来年の3月でしょ?。
    試乗してからってのは遅すぎる
    このクラスになれば乗り心地が悪いなんてのはないし、乗ってれば慣れてくる
    新型乗るなら初期生産に限る
    トヨタ車でも半年は優越感に浸れますよ

  2. 不細工なフロントグリル。

    • ちょっと,好き嫌いが発生すらデザインですね。ただ、トヨタ車は、いつの間にかそれが存在感を発生してしまうから不思議です。

    • 日本仕様は大分印象変わりますよ。
      自分もこのグリルなら嫌でしたが、
      日本仕様のものは大分気に入りました。

    • 日本仕様はカローラマークが悪目立ちしてさらにダサいぞ

  3. 初期ロットは不具合が出る率が高いから、私はMC後まで待つ

  4. 自民党の石破茂氏?

  5. 残念ながら自分の環境では幅が大きすぎる。同型車だとヤリスクロスが目一杯、ライズのPHV?待つかノートの4駆あたりか。