あなたはスポーティ派?エレガント派? レクサスコンパクトSUV「UX」異なる個性を持った特別仕様車を新設定!

レクサスのSUVラインナップにおいてエントリーモデルとなる「UX」は一部改良をおこないました。また、2タイプの特別仕様車「“F SPORT Style Blue”」および「“Elegant Black”」を設定し、2021年8月19日に発売しました。

スポーティorエレガントな特別仕様車を「UX」に設定

 レクサスは、コンパクトSUV「UX」を一部改良するとともに、2タイプの特別仕様車「“F SPORT Style Blue”」および「“Elegant Black”」を設定し、2021年8月19日に発売しました。

レクサスのエントリーSUVに異なる個性の特別仕様車が登場!(画像はUX250h 特別仕様車“F SPORT Style Blue”)
レクサスのエントリーSUVに異なる個性の特別仕様車が登場!(画像はUX250h 特別仕様車“F SPORT Style Blue”)

 一部改良では、「UX250h」「UX200」「UX300e」の特別仕様車を含む全車で、従来設定のあった車室内を快適な空気環境に導く「ナノイー」を「ナノイー X」へと進化させ、快適性をさらに向上。

 加えて、「UX250h」ではPTCヒーターを標準化し、「UX300e」ではフロントセンターコンソールボックス後部の充電用USB(2個)をType-AからType-Cに変更しました。

 そのほか、今回設定された特別仕様車“F SPORT Style Blue”は、「UX250h“F SPORT”/UX200“F SPORT”」をベースに、外装では専用外板色としてソニッククロムの追加や、切削光輝+ブラック塗装のアルミホイールを採用。

 ヘッドランプ、ドアミラーにはブラック塗装を施し、ボディカラー同色のフェンダーアーチモールを採用して、“F SPORT”のアグレッシブなスタイルを一層際立たせています。

 内装は、専用シートカラーとしてブラック&ブルーアクセント・ブルーステッチを設定。さらに、ステアリングやシートベルト・アームレスト・ドアトリムにブルーのアクセントカラーを施し、シフトブーツ・インストルメントパネルにブルーステッチをあしらうことで、スポーティな印象に磨きをかけました。

 そのほか、快適面では運転席・助手席にベンチレーション機能&ヒーターを設定することで快適性を向上。

 また、パノラミックビューモニター、ブラインドスポットモニター[BSM]、パーキングサポートブレーキ(静止物+後方接近車両)[PKSB]を標準装備としています。

 もうひとつの特別仕様車“Elegant Black”は、「UX250h“version C”」をベースに、外装ではスピンドルグリルに漆黒メッキモールを施したほか、グリルインナー、ヘッドランプ、アルミホイール、ドアミラーにブラック塗装を施し、ボディカラーと同色のフェンダーアーチモールを採用するなど、UXの洗練されたスタイルを一層際立たせました。

 内装は、シート・インストルメントパネル・ステアリング・シフトブーツに専用のブロンズステッチを施し、エレガントな室内空間を実現。

 さらに、運転席・助手席にベンチレーション機能&ヒーターを設定し、快適性も向上させました。

 また、パノラミックビューモニター、ブラインドスポットモニター[BSM]、パーキングサポートブレーキ(静止物+後方接近車両)[PKSB]、ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)を標準設定。

※ ※ ※

 スポーティな個性に磨きをかけた“F SPORT Style Blue”と、エレガントで洗練されたスタイルの“Elegant Black”が設定されたUX。

 それぞれの特別仕様車の価格は、“F SPORT Style Blue”が466万2000円から528万3000円。“Elegant Black”が485万8000円から512万3000円です。

レクサス・UXのカタログ情報を見る

【画像】どっちのイケメンSUVが好み? スポーティorエレガントな2モデルを見る(19枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント