ミシュランのオールシーズンタイヤが激進化! 「クロスクライメート2」登場

日本ミシュランタイヤは2021年8月18日、オールシーズンタイヤ「MICHELIN CROSSCRIMATE2(ミシュラン・クロスクライメート2)」を発表しました。サイズは15インチから20インチ、65シリーズから35シリーズまで全61サイズ、価格はオープンで、同年10月8日より順次発売されます。

評判の高かった従来品と比較し全方位で性能向上

 日本ミシュランタイヤは2021年8月18日、オールシーズンタイヤ「MICHELIN CROSSCRIMATE2(ミシュラン・クロスクライメート2)」を発表しました。

 サイズは15インチから20インチ、65シリーズから35シリーズまで全61サイズ、価格はオープンで、同年10月8日より順次発売されます。

ミシュランの新オールシーズンタイヤ「ミシュランの新オールシーズンタイヤ「クロスクライメート2」の装着写真クライメート2」
ミシュランの新オールシーズンタイヤ「ミシュランの新オールシーズンタイヤ「クロスクライメート2」の装着写真クライメート2」

 新製品クロスクライメート2は、夏タイヤに求められるハンドリング性能やドライ/ウエット時のブレーキング性能を高い水準で満たしながら、急な降雪での雪上走行も可能にした全天候型(オールシーズン)タイヤです。

 ミシュランのクロスクライメートシリーズは、2015年に欧州で「クロスクライメート」が発売、さらに2017年には「クロスクライメートプラス」として登場しました。

 日本ではこのクロスクライメートプラスが2019年に発売。以来「雪も走れる夏タイヤ」として人気を博し、日本市場での初年度販売目標達成率は293%、2020年の成長率は156%、2021年7月までの成長率は137%を達成しています。

 今回登場したクロスクライメート2は、従来モデルクロスクライメートプラスからさらに性能向上が図られているといいます。

 新開発のトレッドコンパウンド「サーマル・アダプティブ・コンパウンド」を採用、ドライやウエット、スノー路面など刻々と変化する路面状況に幅広く対応し、一年を通して安全性に寄与します。

 トレッドパターンには新設計の「新Vシェイプトレッドパターン」を採用。これはセンター部からショルダー部にかけて溝面積が広くなる設計で、従来品にくらべて大きく切れ込んだV字角のトレッドパターンが排水・排雪性能に貢献、ウエットや雪上路面で高いパフォーマンスを発揮します。またエッジ部に施された面取り加工「Vランプエッジ」によりブロックの倒れ込みを防止、接地面が最大化されドライ路面での高い制動力を発揮します。さらにブロック同士がお互いに支えあい倒れ込みを抑制する「LEVサイプ」により、夏・冬路面に効果的なグリップを発揮するとともに、耐摩耗性と転がり抵抗低減に寄与するといいます。

ミシュランの新オールシーズンタイヤ「クロスクライメート2」
ミシュランの新オールシーズンタイヤ「クロスクライメート2」

 このように細部にわたり最新の技術を投入することで、新クロスクライメート2は従来品のクロスクライメートプラスと比較して、雪上でのブレーキング性能は7%向上、ウエット路面でのブレーキング性能は6%向上、ドライ路面でのブレーキング性能は5%向上、さらに高い初期性能を長期間継続するなど、全方位の性能向上を果たしています。

「冬も走れる夏タイヤ」ミシュランの新オールシーズンタイヤをチェック(24枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー