ついにトヨタが新型「カローラクロス」をチラ見せ! 公式動画でティザーイメージを初公開!

2021年8月13日にトヨタの公式YouTube「トヨタチャンネル」にて「【カローラシリーズ】TVCM 進化の軌跡 篇」が公開されました。その動画の最後には、2021年秋に日本に導入されるといわれている新型SUV「カローラクロス」と見られるティザー画像がお披露目されています。

カローラSUVとなる新型「カローラクロス」とは?

 初代モデルが1966年に登場したトヨタ「カローラ」は、2021年で55年目を迎えます。
 
 現在までにグローバルで累計5000万台の販売を誇るモデルですが、2021年8月13日にトヨタの公式YouTube「トヨタチャンネル」にて「【カローラシリーズ】TVCM 進化の軌跡 篇」が公開されました。
 
 その最後に、2021年秋に日本に導入されるといわれている新型SUV「カローラクロス」と見られるティザー画像がお披露目されています。

「【カローラシリーズ】TVCM 進化の軌跡 篇」でチラ見せされたカローラSUVと見られるティザー(画像:トヨタチャンネル)
「【カローラシリーズ】TVCM 進化の軌跡 篇」でチラ見せされたカローラSUVと見られるティザー(画像:トヨタチャンネル)

 カローラは、初代(1996年)、2代目(1970年)、3代目(1974年)、4代目(1979年)、5代目(1983年)、6代目(1987年)、7代目(1991年)、8代目(1995年)、9代目(2000年)、10代目(2006年)、11代目(2012年)と歴史を重ねています。

 2015年には国内販売累計が1000万台を超えるなど、日本を代表する国民車です。

 現行モデルとなる12代目は、日本市場で「カローラスポーツ(2018年)」、「カローラ/カローラツーリング(2019年)」が販売されており、一部ビジネスユーザー向けに11代目が併売されています。

 また、海外では世界的に需要が高まっているSUVとして、新たにカローラクロスを設定し、タイを皮切りに2020年に発売されました。

 カローラクロスは、ほかの12代目と同じTNGAプラットフォーム(GA-C)を採用したことで、上質な走りと快適な乗り心地、静粛性を実現。

 タイ仕様のボディサイズは、全長4460mm×全幅1825mm×全高×1620mm、ホイールベース2640mm、最小回転半径5.2mと、日本ではコンパクトSUVとミドルサイズSUVの間に位置する絶妙なモデルといえます。

 室内空間や使い勝手は、SUVならではの快適性能に加えて、広々としたキャビン、乗降性の良さ、あらゆるシーンで使用いただけるクラストップレベルのラゲージスペースを実現。

 、カローラシリーズから引き継いだ安全装備により、「快適・便利・安心」を追求したクルマです。

 仕様は国や地域により異なり、タイでは1.8リッターガソリン車と1.8リッターハイブリッド車(どちらも2WD)を設定しているほか、米国では2リッターガソリン車に2WDと4WDを設定しています。

※ ※ ※

 今回、公式YouTubeにてカローラクロスと見られるティザー画像が公開されたことで、今後新たな情報が出てくるのか期待せずにはいられません。

トヨタ・カローラ のカタログ情報を見る

【画像】ついに日本で「カローラSUV」出るか? 新型カローラクロスを見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント