レクサス「RX」に新カラー追加や黒づくめの限定車を設定! 2022年モデルが北米で登場!

レクサスの北米部門は「RX」2022年モデルを発表しました。最新バージョンのRXは新たなボディカラーを設定。黒が際立つ限定車も登場しました。

ラグジュアリーSUV「RX」の2022年モデルとは?

 レクサスの北米法人は、ラグジュアリーSUV「RX」の2022年モデルを発表しました。

 2022年モデルのRXは、2列シート5人乗りの「RX350」および「RX450」の新たなボディカラーとして「クラウドバーストグレー」と「イリジウム」を追加。さらに、スポーティグレードの「Fスポーツ」は「グレシャンウォーター」を設定しています。

 また、単独のオプションとしてフォグランプが設定されました。

レクサスのラグジュアリーSUV「RX」
レクサスのラグジュアリーSUV「RX」

 さらに、RX 2022年モデルはドライビングダイナミクスを向上。フロントとリアのスタビライザーバーは軽量化のために中空になっていますが、直径が太くなり、ブッシュが強化されたことで、ボディロールの低減とステアリングレスポンスの向上に貢献します。

 また、硬くなったロールバーに合わせてショックアブソーバーのチューニングが見直されたほか、ダンパーには高周波の振動を抑制するフリクションコントロールデバイスが採用され、よりスムーズな走行を実現しました。

 RX 350 Fスポーツは、ベースとなる「Fスポーツパッケージ」と「ハンドリングパッケージ」(従来のパフォーマンスパッケージから名称変更)を設定。

 どちらのFスポーツパッケージにも、専用のステアリングホイール&シフトノブ、アルミペダル、バンパー、グリル、バッジ、フロントスポーツシート、メーター、アルミオーナメント、20インチホイールなどを装備しました。

 また、フロント&リアパフォーマンスダンパー、LEDアンビエントイルミネーション、ステンレス製リアドアガーニッシュ、シートメモリーコール付ステアリングメモリー、スカッフプレートなどが含まれます。

 ハンドリングパッケージ(オプション)は、ベースとなる「Fスポーツパッケージ」に、レクサス「LC500」をベースとした「アダプティブ・バリアブル・サスペンション(AVS)」を追加。

 加えて、RX350にはVDIM(Vehicle Dynamics Integrated Management)を装備しました(ハイブリッドには標準装備)。

 パワートレインは、RX350が3.5リッターV型6気筒ガソリン、RX450hが同エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドとなります。

 予防安全パッケージとして「Lexus Safety System+2.0」を標準装備。日中の自転車検知、夜間の歩行者検知に加え、ロードサインアシスト(RSA)、レーントレーシングアシスト(LTA)を搭載しました。

 なお、日中の自転車検知機能はプリクラッシュシステム(PCS)強化の一環で、従来システムは先行車や歩行者を検知するものでしたが、今回先行する自転車も検知できるようになっています。

 また、PCSはカメラの感度とダイナミックレンジを向上させることで、夜でも歩行者を検知することが可能となりました。

※ ※ ※

 RX 2022年モデルの北米での価格は、4万5320ドルから5万1500ドル(約502万円から約570万円)です。

 なお、RX 2022年モデルの限定車として「ブラックライン」も設定。スピンドルグリルやドアミラー、フロントバンパー、エンブレム、20インチアルミホイールなどをブラックで統一することで、精悍なスタイルを実現しています。

レクサス・RX のカタログ情報を見る

【画像】レッド内装が色っぽい! レクサス「RX」2022年モデルとは(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント