レクサス「UX」2022年モデルが北米登場! 内外装に新たなカラーコンビネーション設定

レクサスの北米部門は「UX」の2022年モデルを発表しました。最新のUXには内外装に新色が設定されます。

北米で発表されたUX 2022年モデルとは?

 レクサスの北米部門は、クロスオーバーSUV「UX」の2022年モデルを発表しました。

 UXは、レクサスのSUVのなかでもっともコンパクトなモデルで、街乗りでの取り回しも容易でありながら、高級感と快適性を兼ね備えています。

レクサス「UX250h」2022年モデル(北米仕様)
レクサス「UX250h」2022年モデル(北米仕様)

 2022年モデルは内外装に新しいカラーコンビネーションを採用し、ボディカラーに「Grecian Water」や「Cloudburst Gray」などのカラーを追加し、ホイールウェルにもペイントを施しました。

 インテリアカラーは「Grecian Water」に加え、「Black」、「Birch」、「Birch with Lapis」が用意されており、好みに合わせてユニークなカラーコンビネーションが楽しめます。

 北米で販売されるUX 2022年モデルは、2リッターガソリン(FF)の「UX200」と、2リッターハイブリッド(4WD)の「UX250h」のふたつのパワートレインをラインナップ。

 さらに、それぞれに「Fスポーツパッケージ」が用意されており、Fスポーツ専用のサスペンションチューニングでは、スプリングやスタビライザーバーを変更し、引き締まった走りを実現しました。

 また、Fスポーツ専用の18インチ5ツインスポークアルミホイールは、UXの標準ホイールよりもさらに剛性が高く、応答性やハンドリングの俊敏性に貢献しています。

 Fスポーツは内外装も専用デザインとなり、外観はメッシュパターンのスピンドルグリルやインテリアにはサポート性の高いスポーツシートを採用。

 8インチの大型TFT液晶ディスプレイを搭載し、「LFA」や「LC」に採用されている「可動式メーターリング」を備えました。

 UX 2022年モデルは10.3インチディスプレイのレクサスマルチメディアシステムを搭載し、デジタルライフをサポートする機能を充実させました。

 スマートウォッチやAmazon対応のデバイス、Googleアシスタント対応のデバイスと対話することが可能で、ドアのロック/アンロックやエンジンの始動、燃料レベルの確認などができます。

 さらに、音声コマンドでの操作も可能で、一部のAndroidまたはAppleデバイスに対応しています。

 運転支援システムとして「レクサス セーフティ システム+2.0」を標準装備。

 歩行者(昼・夜)自転車(昼)検知機能付きプリコリジョンシステムや、全車速ダイナミック・レーダー・クルーズ・コントロール、ステアリングアシスト付レーンディパーチャーアラート、レーントレーシングアシスト、ロードサインアシスト、インテリジェント・ハイビーム・ヘッドランプなどにより、安全性を高めています。

レクサス・UX のカタログ情報を見る

【画像】小さくてもラグジュアリー! レクサス「UX」2022年モデル(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント