レトロなギラ顔EV登場! 新型4WD「スーパーウルフ」予約開始 ドア無いド迫力車も登場!? 米で発表

アメリカの新興EVメーカーのアルファが公開した新型EVピックアップトラック「スーパーウルフ」はどんなクルマなのでしょうか。

開放的なチューブドア仕様もあわせて公開

 アメリカの新興EVメーカーであるアルファは、ピックアップトラックの新型「スーパーウルフ」を公開しました。チューブドアのオプションもあるという個性的なモデルですが、どんな特徴があるのでしょうか。

アルファの4人乗りピックアップトラックEV 新型「スーパーウルフ」
アルファの4人乗りピックアップトラックEV 新型「スーパーウルフ」

 新型スーパーウルフは、ボディサイズが全長 5450mm×全幅1995mm×全高1760mm。

 荷台のサイズは全長1652mm×全幅1490mm×高さ458mmで、荷台後部の扉(あおり)を開けて専用の台を取り付ければ、一時的に荷台を1016mm延長することも可能となります。乗車定員は4名です。

 外装パーツとしてE-SERIES PROの6インチ/10インチライト、RADIANCE POD XL 4インチライトが装着され、夜間の視認性が十分に確保されているほか、足元をKMCホイールが引き締めます。

 新型スーパーウルフのボディはアルミニウム、スチール、そしてカーボンファイバーで構成され、駆動方式は全車4WDを採用。3050kgの牽引能力、そして、0-60mph加速(0-100km/h加速)6.5秒というスペックです。

 一充電の最大航続距離は275マイル(約443km)を確保します。

 さらに、アルファは4枚のドアをチューブドアとしたオプション仕様も公開。ワイルド感が強調され、より個性的なEVピックアップトラックとなっています。

 アルファは新型スーパーウルフの予約をアメリカで受け付けており、車両価格は4万8000ドルから5万6000ドル(日本円換算で約526万円から約614万円)です。

【画像】チョー開放的なゴツ顔4WD登場! 新型「スーパーウルフ」を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント