ホンダ新型「パイロット」2022年仕様はどんな3列SUV? 17年ぶり復活した弟分「パスポート」との関係は?

ホンダがアメリカで販売する3列シートSUV「パイロット」とは、どんなモデルなのでしょうか。パイロット以外にもアメリカでラインナップされるホンダSUVとあわせて、見ていきます。

「パイロット」のほかに弟分のSUV「パスポート」も存在

 ホンダのアメリカ法人は、3列シートSUV「パイロット」の2022年モデルを2021年7月28日に発表、同年秋に発売します。
 
 パイロットは、日本には導入されていないSUVとなりますが、どんな特徴があるのでしょうか。また、北米におけるホンダのSUVラインナップではどのような位置づけなのでしょうか。

ホンダ「パイロット」
ホンダ「パイロット」

 2021年7月現在、ホンダはアメリカ市場でパイロット、「パスポート」、「CR-V」などのSUVをラインナップします。

 パイロットは、前述の3車種のなかで唯一3列シートを備えるモデルです。ボディサイズは全長4991mm×全幅1996mm×全高1793mmと大柄で、同市場におけるフラッグシップSUVとなります。

 今回発表された2022年モデルでは、新色となるボディカラー「ソニックグレー・パール」が追加されたほか、スマホ連携に対応した8インチディスプレイオーディオシステムやLEDヘッドライトなどの標準装備を拡充。

 新たなエントリーグレード「EX-L」を設定するなどの変更が加えられています。

※ ※ ※

 パイロットの弟分となるのがパスポートです。全車2列シート仕様で、ボディサイズは全長4839mm×全幅1996mm×全高1819mm-1839mm。

 アメリカ市場における現行ホンダSUVのなかで、現行モデルが登場したのがもっとも新しいクルマとなります(2019年発売)。なお、2002年まで販売されていた先代パスポートはいすゞ製のOEMモデルとなり、現行モデルで17年ぶりの復活となりました。

 そして、パイロットやパスポートと異なり、CR-Vはアメリカだけでなく日本でもラインナップされるミドルサイズSUV(アメリカ仕様:全長4625mm×全幅1854mm×全高1678mm-1689mm)ですが、アメリカ仕様は全車2列シート仕様であるのに対し、日本仕様では2列シート仕様のほかに3列シート仕様も用意されるのが特徴となります。

 それではここでクイズです。

 アメリカ市場における2021年7月現在のホンダSUVのラインナップとして、パイロット、パスポート、CR-Vのほかにもう1車種存在します。

 そのクルマの名前は、次のうちどれでしょうか。

【1】リッジライン

【2】HR-V

【3】ロゴ

【4】キャパ

※ ※ ※

 正解は【2】の「HR-V」です。

 2021年7月現在、アメリカでホンダはHR-V(2022年モデル)をエントリーSUVとしてラインナップします。

 なお、このクルマは日本では初代「ヴェゼル」として販売されていたコンパクトSUVです。

 日本仕様のヴェゼルは、2021年4月に2代目へフルモデルチェンジしましたが、アメリカでのフルモデルチェンジの明確なアナウンスは、2021年7月現在ありません。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

●くるまマイスター検定 公式ウェブサイト

ホンダ・HR-V のカタログ情報を見る

【画像】5m級ホンダ3列SUV! 新型「パイロット」2022年モデルはどんなクルマ? 画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント