なぜトヨタ新型「GR86」は発売が遅い? スバル「BRZ」より開発に時間がかかった事情とは

トヨタとスバルが共同開発したFRスポーツカーであるトヨタ新型「GR86」とスバル新型「BRZ」の2代目モデルが2021年に発売されます。新型BRZは同年夏に発売ですが、新型GR86は秋に発売を予定しています。兄弟車なのに発売時期が異なるのはなぜなのでしょうか。

2021年夏に発売される新型「BRZ」と秋に発売される新型「GR86」

 9年ぶりにフルモデルチェンジし、2021年に登場するトヨタ新型「GR86」とスバル新型「BRZ」。

 新型モデルは、初代モデルに対してFRスポーツとしての進化を感じると同時に、「GR86らしさ」「BRZらしさ」を明確に感じました。

2021年秋頃発売される予定のトヨタ新型「GR86」
2021年秋頃発売される予定のトヨタ新型「GR86」

 両車を語るうえで、「なぜ新型GR86は新型BRZよりも発売時期が遅れるのか」というこの話題に触れないわけにはいきません。

 新型BRZは2021年7月29日より予約受注を開始して夏に発売、新型GR86は少し遅れて同年秋頃に発売される予定となっています。

 新型GR86のほうが後から発売される理由は、「これで開発完了」というタイミングで大幅な仕様変更をおこなったためです。

 振り返ること10数年前、トヨタとスバルの資本提携をキッカケに、初代86/BRZの共同開発がスタートしました。

「2社で1台を創る」をコンセプトに、走りの部分に関しては当初は共通スペックで開発が進められていましたが、開発の終盤、味付けの段階で、両社の走りに対するこだわりの違いから独自の仕様に分けることにしました。

 その違いを簡単に説明すると、86はトヨタとしては5年ぶりのスポーツカー復活ということで「後輪駆動らしさ」、BRZはスポーツカーとはいえスバルの安心・安全はマストということで「0:100のAWD」を重視したセットアップです。違いは僅かながら、メーカーの想像以上に話題となりました。

 この2台はデビュー後も「スポーツカーは育てる必要がある」と毎年進化・熟成をおこなっていきましたが、それに伴い両車の走りは徐々に近づいてきました。

 それが顕著にわかったのは、2016年の大幅改良(E型)時です。どちらもFRスポーツとしての純度が高められたのを実感すると同時に、86に「大人らしさ」、BRZに「FRらしさ」がプラスされていました。

 実際に走るステージによって初期モデルのときとは逆の印象に感じたことも多々あったほどです。そこでわかったのは、結局、「目指すべき“頂”はトヨタもスバルも一緒」ということです。

【画像】兄弟車だけど結構違う!? トヨタ新型「GR86」とスバル新型「BRZ」を見比べる(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント