トヨタ新型「ヤリス バン」発表! 2人乗り&3ナンバーのデカボディをスペインで発表

トヨタのスペイン法人は、2021年7月21日に現行モデルの「ヤリス」へ新たに2人乗り商用バージョンを追加すると発表しました。どんな特徴があるのでしょうか。

720リッターの荷室容量を確保

 トヨタのスペイン法人は2021年7月21日、「ヤリス」に新たにバンバージョン(以下、新型ヤリスバン)を追加したとしました。
 
 スペイン市場の同セグメント内において、唯一のハイブリッド車になるとトヨタのスペイン法人は説明しますが、どんなクルマなのでしょうか。

トヨタ新型「ヤリスバン」
トヨタ新型「ヤリスバン」

 現行モデルのヤリスは2019年10月16日に世界初公開されたモデルで、日本では全幅が5ナンバー枠(全幅1695mm)に収まるものの、欧州では全幅1745mmになるなどの違いがあります。

 今回発表された新型ヤリスバンは、リアドアはそのままに後席を撤去し、前席と荷室を分けるネットを装着。

 荷室の底面にはゴム素材が配されたほか、4箇所に荷物固定用のフックがあるなど、荷物の運搬に適した仕様としています。 荷室容量は720リッターで、最大430kgの積載が可能です。

 搭載されるパワートレインは1.5リッターガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステムで、優れた環境性能によってスペインにおけるECOラベル対象車となりました。

 また、予防安全装備の「トヨタセーフティセンス」や、Apple CarPlay・Android Autoといったスマホ連携に対応したディスプレイオーディオ、15インチアルミホイール、フォグランプなどを標準装備します。

 新型ヤリスバンのベースは、現地の「アクティブテック」グレードなど一部グレードが対象になるということです。

トヨタ・ヤリス のカタログ情報を見る

【画像】2人乗りの硬派な新型「ヤリス」!? 新型「ヤリスバン」を画像で見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. スペインモデルをニュースに載せられても…

    • ほんとに。スペインなんだから3ナンバーとか関係ないし。。。日本で発売すると誤認させたいの?いつも思うけど、タイトルの意図も記事の生身も意味わからないもの多いよね、車のニュースは。。。

  2. 自称ライターだから、タイトルもまともにできないのか。

  3. 仮に日本で販売してもあまり売れないのでは?
    大して荷物が積めるわけでもないし日本ではボディサイズで1ナンバー扱いになるから税制面からしてもメリットが少ない。

  4. こういう仕様がスペインで発売されました。
    と紹介するだけならともかく、いかにも日本で発表発売しそうな勢いで記事を書くのはナンセンス。
    日本で発売したところで1ナンバーになるから、誰も買いません。
    まさかとは思いますが、クルマライターなのに、日本の自動車税制を知らないとか?

    • 昔の「シティPRO」や「スターレットCD」みたいな物なのかな?でもこっちで販売するとしたら…まずは幅を詰めて4ナンバー登録出来る様にしないと なかなか売れないでしょうね。

  5. 貨物系は車両重量によって税金が変わるから車体寸法は保険以外は影響しないから荷室容量が影響するから1トンクラスの貨物系と同じかな。

  6. ヨーロッパでは乗用車でも2名乗車にすると税金がずいぶん安くなる国が結構あります。
    これは、そういう需要に対応した車種の設定となるので、日本には全く関係ありません。
    そんな国では、特に地方でコンパクトカーを見ると後ろの席がない車を結構見かけますよ、ちょうど日本の軽自動車的な扱いかと。

  7. 紛らわしいタイトル。くるまのニュースって、いつもこうだよね。