ベンツの本気!? 新型「メルセデス・マイバッハSクラス」フル装備仕様は何千万円? 家より快適!? な超贅沢仕様とは

メルセデス・ベンツ日本が2021年7月1日に発表した新型「メルセデス・マイバッハSクラス」。上級グレードをフル装備にしたら、どんな仕様になるのでしょうか。

後席用のシャンパングラスも付属

 メルセデス・ベンツ日本は2021年7月1日に新型「メルセデス・マイバッハSクラス」を発表しました。SUVの新型「メルセデス・マイバッハGLS」とあわせて発表された新型メルセデス・マイバッハSクラスは、マイバッハの持つ独自性や伝統に、新型「Sクラス」のハイテク機能を融合したモデルとして登場。

 究極のラグジュアリーさを提供するモデルとして注目を集め、2021年7月中旬時点で先行予約が受け付けられています。

 そんな新型メルセデス・マイバッハSクラスの最上級仕様をフルオプションにして、贅の限りを尽くしたモデルを実現させたら、車両価格は果たしていくらになるのでしょうか。選択可能なメーカーオプションをフル装備にした仕様で検証します。

新型「メルセデス・マイバッハSクラス」
新型「メルセデス・マイバッハSクラス」

 今回、受注が開始された新型メルセデス・マイバッハSクラスのグレードは「S580 4MATIC」と「S680 4MATIC」の2グレードです。

 S580 4MATICは4リッターV型8気筒ツインターボに48Vハイブリッドシステム「ISG」を組み合わせたエンジンが搭載される一方、S680 4MATICは6リッターV型12気筒ツインターボエンジンを搭載。トランスミッションは9Gトロニック(9速AT)、駆動方式は4MATIC(四輪駆動)がどちらも組み合わされます。

 車両価格(消費税込、以下同様)はS580 4MATICが2648万円、S680 4MATICが3201万円です。

 今回は、V型12気筒エンジンを搭載したS680 4MATICをベースに、装着可能な装備をすべて選択していきます。

※ ※ ※

 新型メルセデス・マイバッハSクラスで選択できる装備のうち、もっとも高価なオプションとなるのが「クリスタルホワイト/シルバーグレーパール内装パッケージ」です。

 このパッケージを選択すると、内装色がクリスタルホワイト/シルバーグレーパール(ナッパレザー)になるほか、後席の左右独立シートやクーリングボックス、専用シャンパングラス収納・台座などで構成されるファーストクラスパッケージ相当の装備が装着されます。

 なお、収納だけでなくシャンパングラスも付随するということです。

 また、Burmesterハイエンド4Dサラウンドサウンドシステムも含まれます。これは31のスピーカーから構成され、アクティブノイズキャンセレーション機能やパーソナライゼーション機能もあるという、極めて高機能なサウンドシステムです。

 クリスタルホワイト/シルバーグレーパール内装パッケージの価格は、638万円です。

 なお装着した場合は、前述のとおり左右独立シートとなることから、乗車定員は4名となります。

 足元の印象をより引き締める装備としては、マイバッハ専用21インチマルチスポークホイールも設定されます。

 通常は20インチディニッシュホイールが装着されますが、インチアップされた専用デザインのホイールにすることでさらなるきらびやかさを演出。価格は20万6000円です。

※ ※ ※

 今回選択した装備は、前述したものも含めて次の3つとなります。

●オプション総額:672万6000円

・有償色:ダイヤモンドホワイト(14万円)

・マイバッハ専用21インチマルチスポークホイール(20万6000円)

・クリスタルホワイト/シルバーグレーパール内装パッケージ(638万円)

 以上のオプションを装備した新型メルセデス・マイバッハ S680 4MATICの金額は、3873万6000円となりました。

 さまざまな豪華装備が用意されている新型メルセデス・マイバッハSクラスですが、オプションを選択しない仕様でもフットレスト付きエクゼクティブシート(リア)や11.6インチMBUXリアエンターテイメントシステムなど、さまざまな快適装備を搭載。

 最先端のショーファードリブンとしての条件を十二分に満たす、超高級セダンといえるでしょう。

メルセデスマイバッハ・Sクラス の中古車をさがす

【画像】ベンツの本気を見た!? 文句なしの3000万円級 新型「メルセデス・マイバッハSクラス」を画像で見る(40枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント