日産新型「エクストレイル」先行販売開始! 歴代初「VCターボ」でどう進化? 巨大サンルーフ設定で中国で登場

東風日産は、上海モーターショー2021で世界初公開した新型「エクストレイル」の先行販売を開始すると2021年6月28日に発表しました。

巨大な「EYE-MAXパノラマサンルーフ」を設定

 日産の中国での合弁会社である東風日産は、新型「エクストレイル」の先行販売を開始すると2021年6月28日に発表しました。

日産新型「エクストレイル」(中国仕様)
日産新型「エクストレイル」(中国仕様)

 新型エクストレイルは、2021年4月19日に上海モーターショー2021で世界初公開されたモデルで、ダブルVモーショングリルや上下2段に分かれたLEDヘッドライトが特徴的なフロントフェイスを採用。3列・7人乗りのSUVとなります。

 内装は、12.3インチディスプレイの液晶メーターおよびセンタータッチスクリーン、10.8インチのヘッドアップディスプレイを搭載し、先進性をアピール。

 また、0.98平方メートルにおよぶ「EYE-MAXパノラマサンルーフ」を設定しました。

 中国仕様に搭載されるエンジンは、日産が世界で初めて開発した可変圧縮比エンジンの1.5リッター直列3気筒VCターボがエクストレイルとして初めて搭載され、最高出力204馬力・最大トルク300Nmを発揮します。

 また2WD仕様と4WD仕様が設定され、4WD仕様には第二世代の4×4-iインテリジェント四輪駆動を搭載。最低地上高は212mmを確保しました。

 先行販売では、2WD仕様と4WD仕様それぞれ1グレードずつが設定され、2WD仕様は19万9900元(日本円換算で約338万円)、4WD仕様は21万9900元(約372万円)です。

 なお、先行販売時は4WD仕様にのみ運転支援システム「プロパイロット」が搭載されるなど、一部装備が差別化されるようです。

※ ※ ※

 日産は新型エクストレイルについて、欧州では電動パワートレイン「e-POWER」搭載仕様を2022年夏に導入予定としています。

 日本導入時に、どんな仕様で新型エクストレイルが発表されるのか、いまから注目される状況です。

日産・エクストレイル のカタログ情報を見る

【画像】上下2段ライトで迫力顔に! 日産新型「エクストレイル」はどんなSUV? 画像で見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. エンジンの部品が多いし、当然稼働する場所、関節が増えるとなるとメンテの手間がそれぐらいかかるかだろうな。
    日本みたいに車検や定期検査とかあればいいけど、そのシステムが確立できたいないところではランクルみたいなとりあえず頑丈でないと、ソニースイッチではないが一定期間動いたら止まることになりかねないような気がするけどな。