1億5000万円でも流札! ハイブリッドのマクラーレン「P1」は人気薄!?

マクラーレンのアルティメットシリーズ第1弾としてリリースされた「P1」。ハイブリッドシステムを搭載したハイパーカーとして登場したP1の日本での車両価格は、9961万5000円(消費税込)。1億円を切るバリューある値付けと話題になったが、オークションマーケットでの評価はいかに。

「ラ フェラーリ」よりも先にハイブリッド化したマクラーレン

 マクラーレンの生産車ラインナップで、その最上位にあるのがアルティメットシリーズだ。このアルティメットシリーズ初のモデルとなるのが、「P1」である。

 アルティメットシリーズは限定生産を前提としたもので、アルティメットの名に恥じない革新的な技術が誕生した時にのみ生産されるとマクラーレンは説明している。P1のデビューは2013年、生産終了は2015年で、この間に375台のみ生産された。

マクラーレン最初のアルティメットシリーズである「P1」(C)Silverstone Auctions Limited 2021
マクラーレン最初のアルティメットシリーズである「P1」(C)Silverstone Auctions Limited 2021

●375台限定の「P1」

 シルバーストーン・オークションに登場したP1は、375台の内の1台。走行距離は新車から3666マイル(約5900km)。最後のサービスは2018年に受けており、この時にバッテリーも新品に交換されている。

 コンディションには非常に優れたモデルと考えてまず間違いはないだろう。

 P1のエンジニアリングで、マクラーレンがとくに先進性を強調していたのは、エアロダイナミクスの極致もいうべき、そのエクステリアデザインだった。かつてデザイナーとしてフェラーリにも在職した、フランク・ステファンソンをチーフにデザインされたP1のボディは、機能性を最小限のサイズで包み込む「シュリンク・ラップ」がコンセプト。

 そして日本語に訳すのならば生体模倣とでもいうのだろうか、「バイオ・ミミクリー」のテクニックを使用したデザインであるという。

 もちろんエアロダイナミクスを追求するにあたっては、F1マシンと同様の開発プロセスが採用された。すなわちコンピュータによる流体解析=CFDや風洞実験は、P1の造形を完成させるためには必要不可欠であった。

 F1の世界では、すでにアクティブデバイスの使用にはさまざまな制約があるが、それから解放されたP1には、最新のアクティブデバイスを採用しない理由はない。

 必要に応じてライズアップする(ドライバーが走行モードでレースを選択すれば、車高が50mm低下すると同時に、このウイングは300mm上昇。それ以外のモードでは、上昇幅は180mmに抑えられる)リアウイングはダブルエレメント=ダブルウイングである。

 アングルを最大29度可変することでダウンフォースを効率的に得る一方、ステアリング上のスイッチを操作することで、逆にDRS=ドラッグ・リダクション・システムの機能も発揮する。

【画像】375台限定のマクラーレン「P1」とは(24枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント