ポルシェ改良新型「マカン」登場! 現行最後のマイナーチェンジで大幅パワーアップ

独ポルシェAGは2021年7月20日、ミドルSUV「マカン」をマイナーチェンジ、改良新型を発表しました。

3グレードともエンジン出力大幅向上

 独ポルシェAGは2021年7月20日、ミドルSUV「マカン」をマイナーチェンジ、改良新型を発表しました。

GTSスポーツパッケージを搭載したポルシェ改良新型「マカンGTS」
GTSスポーツパッケージを搭載したポルシェ改良新型「マカンGTS」

 今回のマイナーチェンジのトピックは、パワートレインの変更による大幅なパワーアップです。トップグレードの「マカンGTS」に搭載される2.9リッターV型6気筒ツインターボエンジンは、従来よりも60馬力増加の440馬力を発揮。これにより0-100km/h加速は4.3秒、最高速度は272km/hに達します。

 ミドルグレードの「マカンS」に搭載される2.9リッターV型6気筒ツインターボエンジンは、26馬力アップの380馬力となり、0-100km/h加速は4.6秒、最高速度259km/hに、またエントリーグレードの「マカン」に搭載される2リッター直列4気筒ターボは17馬力アップの265馬力になり、0-100km/h加速は6.2秒、最高速度は232km/hというパフォーマンスを誇ります。

 トランスミッションはすべて7速PDK(DCT)となり、ポルシェトラクションマネージメント(PTM)全輪駆動システムを搭載します。

 エクステリアデザインも小変更されています。インレイを施したノーズはマカンのワイドさを強調、さらに印象的になりました。また新型マカンGTSでは、ノーズセクションがブラックで仕上げられています。フロントエンドは3D構造が採用されました。またLEDヘッドライトがすべてのモデルに標準装備されました。

 ボディカラーは新色のパパイヤメタリックとリンドウブルーメタリック、そしてマカンGTS専用のパイソングリーンを含む全14色を用意。ホイールはマカンが19インチ、マカンSは20インチ、マカンGTSは21インチが標準となります。

 インテリアでは、10.9インチフルHDタッチスクリーンを備えた新しいセンターコンソールが目を引きます。セレクターレバーも短い新タイプを採用、コックピットはクリアな印象になっています。ダッシュボード上部のアナログ時計も標準装備になりました。

 マカンGTSのみに用意されるオプションの「GTS Sportパッケージ」には、インテリア専用の専用装備も含まれています。これには、18ウェイスポーツシート、カーボンインテリアパッケージ、拡張レザー要素を備えたレーステックスの室内装飾、コントラストステッチとパイソングリーンのGTSレタリングを備えたさまざまなアイテムが含まれます。

 日本での価格は、マカンが754万円(消費税込、以下同)、マカンSが977万円、マカンGTSが1188万円です。すべて右ハンドル仕様になります。

※ ※ ※

 2014年に市場投入されたマカンは、世界中で60万台を販売するヒットモデルとなりました。マカンの購入者の約80%がポルシェの新規顧客で、さらに女性割合はポルシェのラインナップの中でもっとも高くなっています。マカン最大の市場である中国では、購入者の約60%が女性だといいます。

 2023年に市場投入される予定の次世代マカンは、プレミアムプラットフォームエレクトリック(PPE)を用いた最初のポルシェモデルとなり、フル電動モデル(EV)に生まれ変わる予定です。

 次世代マカンは、セグメントでもっともスポーティなモデルになるように開発が進められています。「タイカン」と同様の800Vアーキテクチャを備え、長い航続距離や素早い急速充電などの目標が掲げられているといいます。

ポルシェ・マカン のカタログ情報を見る

【画像】ポルシェのベストセラーSUV! 改良新型「マカン」をチェック(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント