さまざまな路面に対応! TOYO TIREのSUV専用新スタッドレスタイヤ「オブザーブGSi−6」登場

TOYO TIREは2021年7月19日、SUV用の新スタッドレスタイヤ「OBSERVE(オブザーブ)GSi−6」を2021年8月より国内で順次発売します。合わせて、「オブザーブW/T-R」のサイズラインナップを拡大します。

オブザーブGSi−6は全17サイズで展開

 TOYO TIREは2021年7月19日、SUV用の新スタッドレスタイヤ「OBSERVE(オブザーブ)GSi−6」を2021年8月より国内で順次発売します。合わせて、「オブザーブW/T-R」のサイズラインナップを拡大します。

SUV用の新スタッドレスタイヤ「OBSERVE(オブザーブ)GSi−6」
SUV用の新スタッドレスタイヤ「OBSERVE(オブザーブ)GSi−6」

 昨今は暖冬が続いています。昨シーズン(2020年12月から2021年2月)の日本の天候もいわゆる暖冬になり、冬の前半に強い寒気が、後半には暖かい空気が流れ込んだ影響で、気温の変動も大きくなっています。

 気温が高くなると、雪質は水を含んだ重たいものとなり、気温差が大きくなると路面の状況も湿った雪が交じるシャーベット状態から凍結したアイス状態まで刻々と変化します。

 そんな昨今の気候の特徴をふまえ、スタッドレスタイヤにはこのような不安定な路面状況に対応できる性能が求められているといいます。

 今回新たに登場した新SUV用タイヤ、オブザーブGSi−6は、さまざまな状況に変化する冬の路面でのハンドリング性能とブレーキング性能の向上を図っています。圧雪路においてのブレーキング性能は、従来品「オブザーブGSi−5」比で7%向上。さらにウエット路面では制動距離を11%短縮しています。

 クロスカントリー向け車を中心に先行販売していた2サイズから15サイズを新たに拡充。15インチから20インチまで、45シリーズから80シリーズまで、全17サイズのラインナップで展開します。価格はオープンです。

 また、荒れた雪道や深雪路などでの走破性を追求したスタッドレスタイヤ、オブザーブW/T-Rも国内で本格販売を開始します。オブザーブW/T-Rは、深雪路面でのトラクション性で効果を得るために、タイヤ側面にオフロード向けタイヤなどで使われている大型のサイドブロックを、TOYO TIREのスタッドレスタイヤとしては初めて採用しています。

 2020年に、雪道での走破性を志向するユーザー向けに1サイズの限定的な販売をおこないましたが、今回あらたに2サイズを拡充、16インチから17インチまで計3サイズのラインナップで発売します。価格はオープンです。

【画像】TOYOのSUV用新スタッドレスタイヤを画像でチェック!(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント