もはやクルマじゃない? アグレッシブすぎるデザインのクルマ5選

クルマの外観デザインは、販売台数に大きく影響を与えるほど重要なパートです。そのため、各メーカーとも広く好まれるデザインを目指すといえますが、なかにはかなり奇抜なデザインのモデルも存在。そこで、市販車ながらアグレッシブすぎるデザインのクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

超絶ユニークなデザインのクルマを振り返る

 クルマの販売台数に大きく影響を与える要素のひとつに、外観のデザインがあります。同じような価格帯と性能ならば、最終的には好みに合うデザインのクルマを選ぶケースが多いのではないでしょうか。

個性的なのか異端なのか、アグレッシブすぎるデザインのクルマたち
個性的なのか異端なのか、アグレッシブすぎるデザインのクルマたち

 デザインは好むか好まざるかという主観的な判断によるところが大きいため、各メーカーとも多くの人に好まれるデザインを目指すのが一般的です。

 しかし、そうした流儀とは一線を画するような、超個性的なデザインのクルマも存在。

 そこで、市販車ながらアグレッシブすぎるデザインのクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

●ランボルギーニ「カウンタック」

今もスーパーカーの代名詞的存在である「カウンタック」

 1970年代の日本で、小中学校の子どもたちが夢中になったスーパーカーブーム。この時、人気の二大巨頭といえば、フェラーリ「365GT4BB(もしくは512BB)」とランボルギーニ「カウンタック」でした。

 なかでも1974年に誕生したカウンタックは、1973年に生産を終えた「ミウラ」の実質的な後継車としてデビュー。

 最大の特徴であるガルウィングドア(いまではシザーズドアに分類)と、クサビ型の頂点に君臨するような外観のデザインは、当時の常識では考えられないほどのインパクトがありました。

 このデザインはイタリアの名門カロッツェリア、ベルトーネに委ねられ、数多くのスーパーカー、スポーツカーを手掛けたマルチェロ・ガンディーニによるものです。

 初期モデルの「LP400」では最高出力375馬力を誇る4リッターV型12気筒エンジンをミッドシップに搭載し、最高速度は公称300km/hを誇りました。

 しかし、300km/hというスピードは少年たちにとって想像すらできない領域で、それよりもカウンタックという形そのものが、少年たちを夢中にさせた理由でしょう。

ランボルギーニ・カウンタック の中古車をさがす

●アストンマーティン「ラゴンダ」

もはやセダンとは思えないほど前衛的なデザインの「ラゴンダ」

 イギリスの高級車メーカーであるアストンマーティンは、これまで数多くのスポーツカーを輩出してきました。

 現在、アストンマーティンのモデルは流麗なフォルムのクーペが中心で、ラグジュアリーSUVのDBXも大いに話題となっていますが、1978年に発売した第2世代の「ラゴンダ」は歴代モデルのなかでも異質なモデルとして知られています。

 ラゴンダはクサビそのものといったスタイルの大型の4ドアセダンで、極限まで薄く作られたフロントマスクは大きく前方にオーバーハングし、ヘッドライトは4灯のリトラクタブル式を採用。

 リアのトランク部分も大きく後方にオーバーハングし、フロントマスクと同様に上下に絞り込まれた形状です。

 また、内装は英国製高級車では伝統的な本革と本木目を使いながらデジタルメーターを搭載するなど、伝統と革新が同居した斬新なものです。

 ラゴンダはアストンマーティン車のなかでも特異な存在ですが、他社を含めても似たようなモデルが皆無といえるほど超個性的なデザインでした。

●シトロエン「SM」

ユニークなモデルが多いシトロエン車のなかでも伝説的な「SM」

 シトロエンの作るクルマというと古くから個性的なデザインのものが多く、シトロエン車ならではの乗り味を含め熱狂的なファンが存在します。

 なかでもファンを虜にしているモデルが1970年に発売された「SM」で、シトロエンのデザインの集大成といえるモデルです。

 SMは全長5m近くあり、全幅も1.8mを超える巨大な3ドアハッチバッククーペで、スペース効率よりもデザインを優先したためか、サイズの割に室内の居住性は二の次という潔さが逆に魅力となっています。

 外観は「宇宙船」と表現されたほど斬新で、長大な全長を巧みに生かしたファストバックスタイルは唯一無二といえるフォルムです

 また、フロントフェイスは6連ヘッドライトが印象的で、ハンドルと連動してヘッドライトが左右に動く画期的なものでした。

 エンジンはマセラティから供給された3リッターV型6気筒DOHCをフロントに縦置きで搭載し、前輪を駆動するFFレイアウトを採用。

 SMはフルモデルチェンジすることなく、誕生から5年ほどで生産を終了。今では伝説的なモデルとして、マニア垂涎の1台です。

【画像】超絶ユニークなデザイン! アグレッシブすぎる車を見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント