トヨタ新型「ランクル」がラリーに本格参戦! 足元にトーヨー「OPEN COUNTRY」装着で連覇目指す!

トーヨータイヤは、2023年のパリダカールラリーにトヨタ新型「ランドクルーザー」で参戦する「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー」にオフロードタイヤ「OPEN COUNTRY M/T-R」を供給することを発表しました。

新型トヨタ「ランドクルーザー」でラリーに参戦!チームランドクルーザー・トヨタオートボデー

 トーヨータイヤは、トヨタ車体が運営するラリーチーム「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー」のトヨタ「ランドクルーザー(200系/300系)」に、ピックアップトラックおよびSUV用オフロードタイヤ「OPEN COUNTRY M/T-R」を供給することで「ダカールラリー2022」「ダカールラリー2023」への参戦サポートを発表しました。

ダカール・ラリー参戦するベース車両となる新型「ランドクルーザー(300系)」
ダカール・ラリー参戦するベース車両となる新型「ランドクルーザー(300系)」

 ダカールラリーは、1979年から開催されているクロスカントリーラリーです。

 発足当初はフランス・パリをスタート地点とし、アフリカ大陸サハラ砂漠を縦断、ゴールのセネガル・ダカールをめざしたことから、パリ・ダカールラリー(通称パリダカ)と呼ばれていました。

 現在は中東サウジアラビアでおこなわれており、世界で最も過酷なモータースポーツ競技のひとつとして、今も多くのドライバーとファンがいます。

 2022年1月に開催予定のダカールラリー2022では、スペシャルステージ(競技区間)とその間をつなぐリエゾンセクション(移動区間)合わせて、総走行距離約8000kmを約2週間かけて走破し、累積走行タイムを競います。

 トーヨータイヤがタイヤを供給するチームランドクルーザー・トヨタオートボデーは、トヨタ車体が本ラリーへ参戦する目的で編成した本格的なラリーチームです。

 ダカールラリーには、前身となるトヨタ・チームアラコの活動を引き継ぎ、2005年からエントリーしており、2021年1月のダカールラリー2021では、市販車部門8連覇を達成しています。

 チームランドクルーザー・トヨタオートボデーの参戦車両は2022年大会が200系ランドクルーザーで、2023年大会が300系ランドクルーザーです。

 300系ランドクルーザーは、2021年6月10日に世界初公開をおこない14年ぶりのフルモデルチェンジを遂げたばかりです。

 パワートレインには、新開発の3.5リッターV型6気筒ツインターボガソリンエンジン(最高出力415馬力)と3.3リッターV型6気筒ツインターボディーゼルンエンジン(最高出力309馬力)の2種類を設定。

 これに新開発の10速ATを組み合わせ、ボディ軽量化もおこない、200系のV型8気筒エンジンをも超えるクラストップレベルの動力性能とドライバビリティを実現しています。

 今回、トーヨータイヤはこれらの車両に対し、「OPEN COUNTRY M/T-R」を供給します。

 OPEN COUNTRYシリーズは、ピックアップトラックおよびSUV用のオフロードタイヤ。

 国際的なレースにて、このタイヤを装着した数多くの車両が優秀な成績を修め、耐久性や耐外傷性を証明。

 とくに大型SUV車両が普及している北米では、それらの高い基本性能とアグレッシブなデザインが高く評価され、国内でもアウトドアやファッションを志向するユーザーの間で、タイヤ側面の商品名とブランドロゴを白文字で立体的に表記したホワイトレターの商品が人気を博しています。

 今回のタイヤの供給に関してチームランドクルーザー・トヨタオートボデーのドライバーを務める三浦氏は次のようにコメントしています。

「OPEN COUNTRY M/T-Rのポテンシャルに期待を寄せています。

 タイヤのパフォーマンスと、ランドクルーザーのパフォーマンスが掛け合わされることにより、ダカールラリーの舞台でどんな走りができるか、私自身も楽しみです。

ぜひご期待ください」

 また同チームの監督である角谷氏は次のようにコメントしています。

「トーヨータイヤのラリーにかける熱意は、チームの勝利を後押しするものと確信しています。

 ダカールラリーを戦うことは容易ではありませんが、オフロードレースで実績のあるトーヨータイヤがパートナーとしてチームの一員になることを心強く感じています」

トヨタ・ランドクルーザー の中古車をさがす

【画像】ダカールを爆走か!トヨタ新型「ランドクルーザー」をもっと見る(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ランクルに速さを求め始めたのかな?
    迷走なのでは