マクラーレンとレゴのコラボ最新作! レゴ・スピードチャンピオン マクラーレン Elva登場

ラグジュアリースーパーカーメーカー「マクラーレン」と 有名な玩具メーカー「レゴ」の最新のコラボレーションにより、「LEGOスピードチャンピオン マクラーレンElva」が、レゴとマクラーレンのガレージに加えられた。

世界屈指のエクスクルーシブなオープントップ・スピードスターを見事に再現

 マクラーレンとレゴのコラボレーションにより、「LEGOスピードチャンピオン マクラーレンElva」が登場。2021年6月1日より、レゴストアをはじめとした全世界の量販店での販売が開始された。

マクラーレンとレゴのコラボレーションにより誕生した「LEGOスピードチャンピオン マクラーレンElva」
マクラーレンとレゴのコラボレーションにより誕生した「LEGOスピードチャンピオン マクラーレンElva」

 同コラボレーションは、マクラーレンのスーパーカー史上、もっとも軽量で革新的な「Elva」を再現したものである。

 同モデルの販売により、子どもたちやカーエンスージアストに対し、世界屈指のエクスクルーシブなオープントップ・スピードスターを収集し、組み立て、楽しむチャンスが提供されることになる。

 ドライバーとの比類ない一体感や究極のドライビングプレジャーが追求されたElvaには、ルーフやウィンドスクリーン、窓が存在せず、忘れがたいドライビングエクスペリエンスを感じられる1台だ。アクティブ・エア・マネージメント・システム(AAMS)が、エアロダイナミクスを巧妙に利用して気流を操ることで、パッセンジャーは空気の泡で包み込まれ、吹き付ける風から守られる。

 全263ピースで構成されるレゴセットも、実車と同様ワイドなシャシーに2シーターのオープンコクピットで構成されていることははもちろん、ユニークなAAMSのエアベントを含め、ディテールまで本物さながらに再現されている。

 レゴ・スピードチャンピオン マクラーレンElvaのボディサイズは、全高4cm(1.5インチ)、全長16cm(6インチ)、全幅7cm(3インチ)。細部まで手の込んだレプリカは、どこから見ても目を見張る完成度となっており、組立てる興奮や飾る楽しみ、エアロダイナミクスを駆使したドライビングアクションを兼ね備えている。

 またレゴ・スピードチャンピオン マクラーレン Elva には、レーシングスーツとヘルメットに身を包み、レンチを持ったマクラーレンドライバーのミニフィギュア1体を付属。そのモデルとなったのは、マクラーレン・オートモーティブのアルティメットシリーズ主任開発エンジニアのレイチェル・ブラウン氏だという。

 レイチェル氏は「セナ GTR」 といった驚異的なモデルのプログラミングに携わると共に、2021年1月に発売された「レゴ テクニック マクラーレン セナGTR」のデザインや制作のサポートにも関わった人物だ。

 彼女が担当するのはElvaを含む、マクラーレン・アルティメットシリーズである。構想段階から製造まですべてに関わり、サーキットでのテスト走行や風洞での空力テストなども担当した。

 レイチェル氏は次のようにコメントしている。「限界を押し広げるコンセプトスケッチから最終的な車両製造まで、Elvaの開発に関わるすべてに携わることができたのは、私にとって驚くべき経験でした。

 さらに今回、そうした努力の結晶がレゴ・スピードチャンピオンのElvaモデルカーに姿を変え、世界中の子どもたちやファンの皆さんと共有できると思うと、格別な思いです。

 クルマを走らせ、テストすることは、子どもの頃からの夢でした。それがいまや自分の仕事の一部になっているとは未だに信じられません。

 これが若い人々の刺激となり、自動車業界や設計・エンジニアリングの世界でキャリアを目指すきっかけになれば嬉しく思います。本当に数多くの信じられないようなチャンスが存在しますから」

 マクラーレン オートモーティブとレゴグループは、卓越したエンジニアリングと先駆的デザインを追い求める共通の精神で結ばれており、これまでも「P1」、「720S」、「セナ」および「セナ GTR」といったアイコニックなスーパーカーでのコラボレーションを実現させてきた。

 そして新たに登場したレゴ スピードチャンピオン マクラーレンElvaは2021年6月から、レゴストアのほか、世界中の量販店にて17.99ポンド(約2800円)で販売されている。

【画像】マクラーレンとレゴがコラボした「レゴ スピードチャンピオン マクラーレン Elva」を見る(4枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント