トヨタ新型「GR86」の本気仕様が早くも発表! 最上級パーツ採用した「クスコGR86」のスゴさとは?

トヨタ新型「GR86」をクスコがカスタムした「クスコGR86コンセプト」は、どんなカスタマイズが施されているのでしょうか。

CUSCO streetシリーズの最上級モデル「CUSCO street ZERO A」を装着

 チューニングパーツメーカーのTRUST(トラスト)は、2021年6月6日に富士スピードウェイで開催された「FUJI 86STYLE with BRZ 2021」で、「GR86 CONCEPT GReddy version」を発表しました。

 2021年4月5日に世界初公開されたばかりのトヨタ新型「GR86」(86)が早速TRUSTによってカスタムされましたが、どんなモデルなのでしょうか。

「FUJI 86STYLE with BRZ 2021」で展示された「クスコGR86コンセプト」
「FUJI 86STYLE with BRZ 2021」で展示された「クスコGR86コンセプト」

 クスコは、チューニングパーツの開発・販売のほかに、ラリーやドリフト競技といったモータースポーツ活動などをおこなうブランドです。

 そして今回発表されたクスコGR86コンセプトの特徴について、クスコは「ラリーカーをイメージしつつ、競技以外のスポーツ走行・ストリートにも対応するパーツを装備」したと説明。

 車高調サスキットとして、「全長調整式車高調整」と「減衰力40段調整」に対応したCUSCO streetシリーズの最上級モデル「CUSCO street ZERO A」を装着しています。

 また、ボディ補強パーツとしてフロント/リアのストラットバーや各種パワーブレース、リアデフマウント補強バー。

 駆動系パーツとしてCUSCO LSD Type-RS 2way 45°、ORCクラッチキット・フライホイール試作品、容量アップデフカバー、ドライブシャフト遮熱板などを装備しています。

 ロールケージとしてクスコを展開するキャロッセのロールケージ「SAFETY21」の7点式+サイドバーが取り付けられているほか、フロントとリアに可倒式けん引フックがあります。

 タイヤはDUNLOP DIREZZA 94R 225/45R17、ホイールはENKEI sport RC-T5 17×7.5J+35です。

 そのほかに装備されたパーツは、次のとおりです。

●サスペンションパーツ
・強化スタビライザー フロント/リア
・調整式スタビリンク
・調整式リアアッパーアームリアラテラルリンク
・トレーリングロッド
・ミッションマウントカラー
・リアメンバーカラー
・リアデフマウントカラー
・ステアリングラックブッシュ
・フロントロワアームブッシュ

●エンジンパーツ
・カーボンベルトカバー
・レベルゲージストッパー
・ハイプレッシャーラジエターキャップ
・スポーツオイルフィルター
・バッテリーステー
・ネオジムアルミドレンボルト
・FUJITSUBO AUTHORIZE RM+C

●内装関係
・CUSCOレーシングハーネス
・BRIDE ZERO VS フルバケットシート
・ワークスベルステアリング&スイッチ移設キット
・スポーツシフトノブ
・スピンターンノブ

●ブレ―キ
・ADVICSブレーキキャリパー/ブレーキローター
・WINMAXブレーキパッド

●その他
・CUSCOレーシングホイールナット

※ ※ ※

 クスコは今後、新型GR86および姉妹車のスバル新型「BRZ」に関するパーツ情報を随時アナウンスすると予告しています。

トヨタGR・86のカタログ情報を見る

【画像】トヨタ新型「GR86」の本気カスタム仕様がカッコいい! 新型「クスコGR86コンセプト」を画像で見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント