トヨタ新型「GR86」が新作エアロで激変!? BLITZカスタムでダイナミックに変身

2021年6月6日に富士スピードウェイで開催された「FUJI 86STYLE with BRZ 2021」では、トヨタ新型「GR86」のカスタムカーが展示されました。BLITZがカスタムした新型GR86どんなモデルなのでしょうか。

BLITZの新作エアロで新型GR86が全然違う表情に!?

 2021年4月5日に、2代目となるトヨタ新型「86」(GR86)が世界初公開されましたが、2か月後の同年6月6日、富士スピードウェイで開催された「FUJI 86STYLE with BRZ 2021」で、早くもカスタムカーがお披露目されました。

 なかでも注目を集めていたのは、チューニングパーツの開発・販売をおこなうBLITZ(ブリッツ)が手掛けた、ダイナミックなエアロパーツを装備する新型GR86です。

標準仕様とは別の表情を見せるBLITZのトヨタ新型「GR86」
標準仕様とは別の表情を見せるBLITZのトヨタ新型「GR86」

 BLITZが開発した「GR86 コンセプト」はつや消しホワイトのボディに身を包み、空力性能を考慮したエアロをフロント・サイド・リアに装着。

 とくにフロント回りのデザインは、通常仕様のGR86の横長で大開口の「ファンクショナルマトリックスグリル」とはまったく異なる、ダイナミックなフロントフェイスを実現しました。

 またリアには大型のGTウイングや4本出しマフラーを備えているのも特徴的です。

 BLITZのカスタムパーツでは、フロントにブリスターフェンダー、リアにはオーバーフェンダーを装着。フロントフェンダーは片側+9mm張り出しており、ワイドスタンスを強調しています。

 また、フェンダー後部に設けられたエアアウトレット周辺の処理が滑らかで、スッキリとした印象となっていますが、市販化を前提として開発が進められているといいます。

 さらに内装では、レッドアクセントが映えるサイドブレーキレバーやシフトノブ、「BLITZ」ロゴが施されたステアリングなど、さまざまなアイテムも用意されました。

※ ※ ※

 新型GR86の国内での発売は2021年秋といわれていますが、早くもアフターパーツメーカーからさまざまなカスタムパーツが登場し、盛り上がりを見せています。

 初代86もカスタムして自分だけの仕様を作り上げるというカスタムの文化を根付かせましたが、新型GR86でもその文化は受け継がれていくようです。

トヨタ・86 のカタログ情報を見る

【画像】ニッコリ笑ってる!? BLITZがカスタムしたダイナミックなトヨタ新型「GR86」(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント