賞金30万円!超小型EVの「ロゴとエンブレム」を出光タジマが募集! ブランド名は「IDETA」に決定

出光タジマEVが、2022年に発売を計画している超小型EV(電気自動車)のロゴとエンブレムのデザイン公募を開始。募集にあたり、ブランド名が示されています。

2022年発売に向けて開発中

 2021年6月8日、出光興産の関連会社である出光タジマEVが、2022年の発売に向け開発を進めている超小型EV(電気自動車)のロゴとエンブレムデザインの募集を始めました。

開発中の超小型EV
開発中の超小型EV

 同社はタジマモーター系列のタジマEVに出光興産が出資し、商号を出光タジマEVに変えたうえで2021年4月1日に設立されました。

 出光タジマEVが開発を進める超小型EVは、免許返納を考える高齢者層や運転に不慣れな人々をおもなターゲットとし、低速で小回りの利く近距離移動に特化した次世代モビリティです。

 全く新しいカテゴリーのモビリティの提供を通して、移動に関わる地域課題の解決を目指すといいます。

 予定スペックは、乗車定員は4人(カーゴタイプは1人)、サイズは全長2495mm×全幅1295mm×全高1765mm、バッテリー60V・10kWh、最大出力15kW、最高速度60km/h以下、充電時間8時間(100V)です。

 今回は、超小型EVを展開するブランド名が「IDETA(イデタ)」であることが公表されました。

 同時に、イデタのロゴとエンブレムのデザインが一般公募されます。

 採用賞金は、最優秀賞(1人)が30万円、優秀賞(1人)が10万円です。作品は公式サイトで受付中。締切は7月20日(火)、発表は8月中(予定)です。

【画像】かわいい!けど4人乗り!出光タジマEVの超小型EVをもっと見る(6枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント