鬼ゴツい「トロフィートラック」が爆走! 全行程800km「バハ500」に挑む7台をTOYO TIREがサポート

トーヨータイヤ(TOYO TIRE)は、2021年6月9日から13日まで開催される第53回「SCORE BAJA 500(バハ500)」に参戦する6チーム計7台のマシンに対し、「OPEN COUNTRY」シリーズを供給します。

全行程800kmの過酷なオフロードレースをサポート

 トーヨータイヤ(TOYO TIRE)は 2021年6月7日、第53回「SCORE BAJA 500(バハ500)」のサポートとして、レースに参戦する6チーム計7台のマシンに対し、ピックアップトラック/SUV用タイヤ「OPEN COUNTRY」シリーズを供給すると発表しました。

ブライス・メンジス選手車両(車両イメージ)
ブライス・メンジス選手車両(車両イメージ)

 レースは、6月9日から13日までの4日間、メキシコのバハ・カリフォルニア州で開催されます。

 サポートには、米国タイヤ販売子会社Toyo Tire U.S.A. Corp.(TTC)と、メキシコタイヤ販売子会社NT Mexico S.De R.L.De C.V(NTM)も参加します。

 毎年6月に開催されるバハ500は、オフロードレース「SCORE World Desert Championship」(SOCREシリーズ)における第2戦で、世界有数の過酷なオフロードレースとして知られています。

 参加車両はおもに「トロフィートラック」と呼ばれるオフロードで開催されるレース専用車両で、メキシコのバハ・カリフォルニア半島の都市エンセナーダを出発。全行程約500マイル(約800km)の起伏に富んだ砂漠地帯や岩場の多い山岳地帯を高速で駆け抜けます。

 砂や岩で構成されるハードな路面を制限時間内に走破するためには、ドライバーのテクニックに加え、装着タイヤの悪路走破性と耐久性が高いレベルで要求されるということです。

 今回供給されるタイヤは、北米市場で販売される本格的オフロード向けピックアップトラック/SUV用タイヤ「OPEN COUNTRY M/T」をレース用にチューンアップした、「OPEN COUNTRY M/T-R」です。

 世界各地のオフロードレースでのノウハウをフィードバックした「OPEN COUNTRY」シリーズは、これまでSOCREシリーズでも数々の総合優勝をサポートしてきました。

 今回のバハ500でも、2021年4月に開催されたSOCREシリーズ第1戦「SCORE San Felipe 250」で総合優勝したブライス・メンジス選手、2019年のバハ500優勝ならびにSCOREシリーズ総合優勝を成し遂げたアンディ・マクミラン選手、2019年の「SCORE BAJA 1000」で地元優勝を飾ったアラン・アンプディア選手をはじめ、トーヨータイヤおよびTTC、NTMとサポート契約を結んでいる選手チームの参戦車両がOPEN COUNTRY M/T-Rを装着します。

【画像】鬼ゴツい巨体「トロフィートラック」が激走! ド迫力の実車を画像で見る(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント