「ジェットコースター級に過激」テスラ新型「ロードスター スペースX」の鬼気迫る加速がスゴい

テスラのイーロン・マスクCEOは、同社のEVスポーツカーである新型「ロードスター」に0-96km/h加速1.1秒を実現するオプションパッケージ「スペースX ロケットスラスター」を設定すると明らかにしました。どんな仕様で登場するのでしょうか。

0-96km/h加速1.9秒でも十分速いのに 過激なスペースX仕様とは

 アメリカのEVメーカーのテスラには、セダンの「モデルS」や「モデル3」、SUVの「モデルX」「モデルY」などさまざまなモデルがありますが、2022年に生産開始を予定しているスポーツカーとして2代目「ロードスター」の登場が予告されています。

 そんななか、2代目ロードスターに異次元の加速力を実現するオプションパッケージが存在するとアナウンスされたのですが、いったいどんな性能なのでしょうか。

テスラ「ロードスター」(2代目)
テスラ「ロードスター」(2代目)

 テスラのイーロン・マスクCEOは自身のツイッターで、2代目ロードスターに設定される「スペースX ロケットスラスター」というオプションパッケージについて言及。装着車は0-96km/h加速において1.1秒を実現すると説明しました。

「安全ではありますが、非常に過激なモデルになるでしょう。激しいジェットコースターと同じく、持病をお持ちの方にはお勧めできません」と、その異次元の加速性能を表現しています。

 2代目ロードスターは、スペースX ロケットスラスターを装着しない標準モデルにおいても優れた走行性能を実現。0-96km/h加速1.9秒、最高速度400km/h以上、ホイールトルク1万Nmというスペックを発揮すると説明します。

 駆動方式は4WDで、航続距離は1000kmです。4人乗車が可能で、着脱式ガラスルーフを採用したことにより、オープンエアードライブを楽しめます。

 テスラは公式日本語ウェブサイトにおいて、2代目ロードスターの車両価格はベースモデルが車両価格は約2270万円、特別仕様のファウンダーシリーズが約2840万円と案内しています。

 それではここでクイズです。

 ロードスターの初代モデルは、13年前の2008年にテスラの第一弾モデルとして生産開始されたスポーツカーですが、開発および生産にはあるスポーツカーメーカーが協力していました。そのメーカーは次のうちどれでしょうか。

【1】ポルシェ

【2】ケータハム

【3】ロータス

【4】フェラーリ

※ ※ ※

 正解は【3】の「ロータス」です。

 テスラの初代ロードスターは、ロータス「エリーゼ」のシャシとパーツの一部を流用して開発。2代目ロードスターとは異なり2シータースポーツカーとして誕生しました。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

●くるまマイスター検定 公式ウェブサイト

テスラ・ロードスター のカタログ情報を見る

【画像】最高時速400キロ以上! ブッ飛びスペックのテスラ新型「ロードスター」を画像で見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント