スバル「WRX STI」の限定車「EJ25 ファイナルエディション」豪で発売! 次期モデルの登場間近?

スバルのスポーツセダン「WRX」の新型モデルが2021年に登場するといわれていますが、そんななかオーストラリアでは現行モデルの最後の限定車として「WRX STI EJ25 ファイナルエディション」が登場しました。

オーストラリアで「WRX STI」の最後の限定車登場!

 スバルのスポーツセダン「WRX」の新型モデルが、2021年にも登場するのではないかとウワサされています。

 日本国内では、2019年12月のEJ20型エンジンの生産終了にともない「WRX STI」が終了。最後の限定車として発売された「EJ20 ファイナルエディション」は、555台の枠を大幅に超える応募が集まるなど話題になりました。

オーストラリアの限定車 スバル「WRX STI EJ25 ファイナルエディション」
オーストラリアの限定車 スバル「WRX STI EJ25 ファイナルエディション」

 そしてFA20型エンジンにCVTを搭載した「WRX S4」についても2021年1月に生産終了となり、次期モデルの投入準備が進められているとみられます。

 海外では、オーストラリアで「WRX STI EJ25 ファイナルエディション」が2021年4月に限定販売されました。

 オーストラリア仕様のWRX STIには2.5リッター水平対向4気筒ターボエンジンが搭載されており、そのエンジン型式から「EJ25 ファイナルエディション」と名付けられています。

 EJ25 ファイナルエディションは最上級グレードの「WRX STI スペックR AWD」をベースとし、内外装やエンジンに専用バッジを装着。

 フロントグリルにはチェリーレッドのアクセントが施され、リアにはブラックの「WRX」エンブレムが装着されるなど、最後を飾るアイテムが盛り込まれました。

 さらに、ゴールドのBBS製19インチアルミホイールやSTIのロゴが入ったシルバーのブレンボ製ブレーキキャリパーを搭載。ブラックのドアミラーカバーとシャークフィンアンテナも備わります。

 インテリアは、シルバーのハイライトが施されたレカロのバケットシート(フロント)やシルバーのシートベルトおよびステッチを採用。カーボン調のインパネや赤いSTIプッシュスタートボタンが特別感を演出しました。

 WRX STI EJ25 ファイナルエディションは75台のみが販売され、それぞれにシリアルナンバーが刻まれます。

 ボディカラーは、WRXブルーパール(50台)、クリスタルホワイトパール(15台)、クリスタルブラックシリカ(10台)の3色で、30台はオンラインで、残りはSTIネットワークを通じての販売となりました。

【画像】新型WRXはレヴォーグ顔!? どんなデザインに進化する?(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 一部、ギャラリーでVIZIVツアラーコンセプトがVIZIVパフォーマンスコンセプトに誤記しています。

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。